【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

エプソン、フォトストレージ「P-7000」「P-6000」にライブビュー撮影機能を追加


P-7000でライブビュー撮影を行っている状態

 エプソンは16日、フォトストレージビューワー「P-7000」と「P-6000」のファームウェアを更新した。バージョン番号は2.05。

 更新することで、カメラにUSB接続した際にライブビュー撮影が可能になるほか、撮影したデータがビューワー内蔵のHDDにも同時に保存されるようになる。1日まで開催していた「スタジオ写真フェア」でエプソンが参考出品していた。

 ライブビュー撮影の対応機種は、D3X、D3、D700、D300、D90。カメラ本体でのライブビューと同様、撮像素子からの映像をほぼリアルタイムでビューワー本体の液晶モニターに表示する。ビューワーでのシャッターレリーズのほか、AFターゲットの移動や、AFターゲットを中心とした拡大表示に対応。ビューワー本体のホイールキーを使ったフォーカスの微調整も可能となっている。ただし、ライブビューモードは「三脚撮影」相当に固定される。

 また、ビューワー側から撮影設定の変更も行なえる。変更できる項目は、絞り、シャッター速度、ホワイトバランス、レリーズモード。設定できる範囲はそれぞれ接続したカメラに準じるが、シャッター速度ではバルブが設定不可となる。

カメラ接続時に★ボタンを押すとライブビューモードに移行する ライブビューモード
拡大表示が可能 最大まで拡大したところ
設定できる絞りはカメラに装着したレンズにより異なる シャッター速度設定画面
レリーズモードでは連写枚数とブラケティングを設定可能 ビューワーの明るさや操作音も設定できる

 なお、顔認識AFを使用すると、AFターゲットを操作できなくなる。さらに、AF-C以外のAFモードを使用すると、合焦後に再度AFが駆動することがあるため、エプソンではAF-Cの使用を推奨している。

 HDD保存は、カメラに挿入したメモリーカードだけでなく、ビューワー内蔵のHDDにもデータを記録する機能。バックアップによるデータの二重化を目的としている。対応するカメラは、EOS-1Ds Mark III、EOS-1D Mark III、EOS 5D Mark II、EOS 50D、EOS 40D、D3X、D3、D700、D300、D90。

 ファームウェアは、ライブビュー撮影機能とHDDへの同時保存を含むバージョンと、HDD保存のみ対応するバージョンを用意。ライブビュー機能を含むバージョンは、登録制サイト「MyEpson」のみでの配布となるが、HDD保存のみ対応するバージョンは、エプソンのサポートページからダウンロードできる。



(本誌:関根慎一)

2009/7/16 11:30


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.