デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2月号【清乃 + ペンタックスK-m】4週目

〜オフショット編


 先週、これまで掲載した全カットは、「PENTAX PHOTO Laboratory」の現像パラメータの1つである「シャドー補正」を全てONにしたと書いた。今週中央のグラビアもはじめはそうしていたのだが、このカットに限ってはOFFにした方が絵的に好み。やはりシャドー補正を“ON”にするか“OFF”にするかは、毎回現像時にチェックした方が良さそうだ。これはあくまでも推測なのだが、今回のカットは周りが白っぽく、それなりに光が回っているため、ONにすると不自然なのだろう。実際ONにするとそんな感じの絵になってしまう。

 ただこの件も、周りが白ければ全て当てはまるか? と言えば、そうでもなく、上ブロックの白い壁の部屋ではONの方が良かった。他社の現像ソフトでもネーミングこそ違うもののシャドー補正と類似した機能が付いている。これら全てに当てはまるのはONとOFFでの仕上がりの予測が出来ないこと。場合によってはONにすると全体的に少し暗くなってしまうケースもあるほどだ。従ってJPEGで撮るにしろ、RAWで現像するにしろ、その差をチェックするのが必修だと思われる。

 さて、3週目に「写らないギリギリの範囲にストーブが置いてあったりするものだ」と書いたが、上ブロックの左下が、それを証明するカットだ。右下もRIFAで見えない部分にストーブがある。さらに照明は1KWあり、ダブルの熱で結構周囲は暖かい。こうやって徐々にエンジンをかけて行くのもカメラマンの仕事だったりする。


K-m+FA 43mmF1.9 Limited

ISO400 / WB:オート / F2.8 1/180秒 / RAW(PENTAX PHOTO Laboratoryで現像)


 清乃ちゃん、ちょうどこの週末の3月1日(日)に、写真集「フクラミ」発売記念イベントが書泉ブックマートで12時から、また3月8日(日)は、DVDビデオ「フクラミ」発売記念イベントが、石丸ソフトワンで15時から、ソフマップ アミューズメント館で18時から行われる。彼女に会ってみたい方はぜひ遊びに行ってほしい。

actress 清乃ウィーザードファクトリー
photographer 西川和久
K-m
FA 43mmF1.9 Limited



URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.jp/
  ペンタックスK-m関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/10/08/9380.html
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2009/02/27 00:55
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.