デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

10月号【花木衣世 + オリンパスE-520】2週目

〜ビビッドでワンポイント!


 どちらも先週同様、全てJPEG+RAWで撮影し、OLYMPUS Master 2で現像している。ほとんど仕上がり=ナチュラルを使ったが、上ブロック右上だけ「ビビッド」にした。これは試しに変えたところ、背景の赤い部分が綺麗に浮かび上がったからだ。肌色も派手な感じにならず、ワンポイントとして面白い。これも前回触れた赤の効果だろうか!?

 外で撮る時は絞りをF4に固定、ズーム全域で同じF値にし、シャッタースピードで露出をコントロールしていたが、室内では明るさの関係から流石にそうも行かない。毎回まずズームの画角を決め、その範囲で絞り開放、シャッタースピードで露出をコントロールすることになる。ワイド側にするのであれば問題無いものの、うっかりテレ側にズームしてしまうと、露出アンダーになるため注意が必要だ。


 「E-420」と「E-520」をあまり期間を空けずに使い、ふっと思ったのは、オリンパスの色の全体的な感じは昔からあまり変わっていないのでは!? と言うことだ。その昔、DVDビデオのロケで南国へよく行っていた頃、メインカメラはニコン「D1X」、サブでオリンパスの「E-20」などを持って行き、それなりに撮っていたのだが、コントラストの付け方や肌色など、E-20とよく似た写りなのだ。

 もちろん、イメージャーも画像処理エンジンも随分変わって(進化して)いるので、細かく見れば全く違うが、プリントや画面で表示し、少し離れてみるとテイスト的には同じ雰囲気……。この件は、キヤノンやニコンも同じで、会社としての色作りに何かポリシーがあるのだろう。ユーザーから見ても新しい機種に乗り換えた途端、ガラッと色が変わってしまうと戸惑うため、安定して同じ傾向の色と言うのはありがたい。

 余談になるが、E-520に限らず、最近のデジタル一眼レフは、設定項目が多過ぎるような気がする。ボディ内手ぶれ補正やライブビュー、多彩な再生項目など、これまで銀塩カメラには無かったものが増えているとは言え、筆者でさえも、お借りしたカメラをパッパと使うのに難しい状況になりつつある。マニュアルを読んではじめて「あっ、このメニューのここにあるんだ!」と言う項目も珍しくない。初心者から上級者まで、幅広い層に対応するのは難しいところもあるだろうが、何かアイディアが欲しいとこだ。

 今週、衣世ちゃんが用意してくれた水着はちょっとコスプレ調、加えて眼鏡でさらにそれっぽくしてみた。グラビアの撮影で眼鏡を使うときは、何かほかに狙いが無い限り、照りを防ぐためレンズ無しのフレームのみのを使うのだが、この眼鏡は普段使っているものらしく、レンズ入り。たまにはこんな写真も。(つづく)

actress 花木衣世NEW GATE PRODUCTION
photographer 西川和久
オリンパスE-520
ZUIKO DIGITAL ED 12-60mm F2.8-4 SWD



URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  E-520関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/05/20/8468.html
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2008/10/17 00:25
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.