デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

8月号【澤木律沙 + キヤノンEOS Kiss F】1週目

〜ちょっと違う“X2"と“F"


 8月号は澤木律沙ちゃんとキヤノンEOS Kiss Fの登場だ。先週は晴れているとはいえ、湿気が多く少し動くと大汗をかく日々が続いたが、今週に入ってそれも落ち着きカラっとした夏になってきた。撮影した日は基本晴れ。ただぶ厚い雲も多く、晴れたり曇ったりの繰り返し。ピーカンの絵を期待していただけに残念であるが、それでも夏っぽい感じになったと思う。

 キヤノンEOS Kiss Fの主な仕様は、有効画素数約1,010万画素のCMOSセンサー搭載、最大記録画素数3,888×2,592ピクセル、ISO100〜1600、バッテリーはバッテリーパックLP-E5、メディアはSDHC/SDメモリーカード、2.5型 23万画素 TFT液晶……など。EF-Sマウント、ライブビューにも対応した、同社のエントリーモデル。EOS Kiss X2の下位モデルに相当する。

 手元に届いたのはレンズキット・モデルで、EF-S 18-55mm F3.5-5.6 ISが付属する。しかし撮影で使用したのはいつものEF 24mm F2.8、EF 35mm F2、EF 50mm F1.4 USMの3本だ。これだけ明るいとF値はあまり関係無いものの、写りが違うので単焦点をピックアップした。


 カメラのセッティングはISO100、上ブロックがJPEG:Large/Fine、下ブロックがRAW+JPEG、ホワイトバランスはオート。カラー関連のパラメータは標準のまま。RAWに関してはDigital Photo Professionalで現像し、ピクチャーコントロールでポートレートに設定、ホワイトバランスを微調整している。

 上位機種EOS Kiss X2との最大の違いは、画素数(EOS Kiss X2は約1,220万画素)と液晶モニターのサイズ(EOS Kiss X2は3型)。この違いを重要視する人もいれば、筆者のように誤差の範囲と思う人もいるだろう。個人的にはKissは1モデルあれば十分では? と思うが、競合他社との関係もあり登場したのだろう。EOS Kiss X2はこの連載の5月号で扱ったこともあり、その使用感は何となく覚えているが、どうも違いはこれだけでは無さそう……。

 AFに関しては印象が違うのだ。5月号を撮影した時は特にAFで気になる点は無く、今当時の記事を読み返してもAFのことには触れていない。しかし、このFでは、遅かったり迷ったり、外したり、撮ってる最中に「あれっ!?」っと思ったケースが多く、特に迷う点は、特殊な光でも構図でも無いのにレンズがギーギー鳴って結果合わないことがあった。編集担当の話によると、AFユニットが違うらしいので、その差が出ているものと思われる。

 澤木律沙ちゃんは、最近DVDビデオ「究極乙女 澤木律沙」が出たばかり。既に何枚も出していることもあり撮影し易く、大人っぽい表情と子供っぽい表情を交互にするので撮ってても面白い。8月に撮影会もある様なので、気になる人は彼女のBLOGをチェックして欲しい。(つづく)

actress 澤木律沙ACE
photographer 西川和久
キヤノンEOS Kiss F
EF 24mm F2.8、EF 35mm F2、EF 50mm F1.4 USM



URL
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/
  EOS Kiss F関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/06/17/8644.html



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2008/08/01 00:35
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.