デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

4月号【風戸えり + ペンタックス K20D】4週目

〜オフショット編


 1週目から3週目の本文でも触れているが、このK20D最大の魅力は何と言っても新開発のCMOSセンサーだろう。発色も解像感もこれまでのKシリーズとはまったく次元の違う写りとなっている。その象徴的なカットを、今回のメインにピックアップした。1,696×2,544ピクセルに縮小した後でもこの解像感は見事。また、肌色も自然な感じでなかなかよい(「カスタムイメージ:人物」にした場合)。ほかにもいろいろ機能面が充実しているが、筆者的にはこの写りが一番印象的だった。

 逆にこれまでのKシリーズと比較して気になったのは、AFの精度。今回使ったレンズやボディの個体差も考えられるが、長年担当しているこの連載で、筆者と最もAFの相性がよいのはニコンとペンタックス。この2社についてはローエンドモデル、ハイエンドモデルに関係なく、AFのヒット率は90%程度あり、安心して撮影できる。しかしK20Dは、解像度が高いことも関係しているのかもしれないが、残念ながら従来ほどでは無かった。もし、また撮影する機会があれば、FA 31mm F1.8 AL Limited+FA 43mm F1.9 Limitedなど、いつもの単焦点で撮ってみたいと思っている。


ペンタックス K20D + DA 16-50mm F2.8 ED AL SDM
ISO100 / WB:昼光色 / F3.5 / 1/200秒 / JPEG:Large/Fine




 今回使った機材はK20DとDA 16-50mm F2.8 ED AL SDMに、レフ板2枚、RIFAだけ、と実にシンプル。ボディとレンズ、ノートPCだけなら普通のバッグに入ってしまう。またポートレートにちょうどよい画角のズームレンズなので、レンズを交換することもなく、ホコリも入らない。にも関わらずこれだけ写るのだから、便利(?)な時代になったものだ。

actress 風戸えりスターブリッジプロモーション
photographer 西川和久
ペンタックス K20D
DA 16-50mmF2.8ED AL[IF]SDM



URL
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/
  ペンタックスK20D関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/02/05/7800.html



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2008/04/25 00:43
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.