デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

7月号【紗倉美緒 + オリンパス E-510】1週目

〜連載始まって以来の悪天候


 7月号は紗倉美緒ちゃんとオリンパス E-510の登場だ。撮影日の前後は梅雨にも関わらずそれなりの天気だったのだが、撮影日に限って最悪の天候。雨は小降りで外での撮影にも影響ない程度だったものの、とにかく暗い。

 試しに少し撮ってはみたが、まったく色が出ない。あきらめてすべてRIFAを使った。バックナンバーを見てみると、2005年7月号と2004年11月号が雨の日に撮影している。しかしこれだけ日中から暗かったのは初めてだ。

 E-510の主な仕様は、有効画素数約1,000万画素の4/3型Live MOSセンサー、最大記録画素数3,648×2,736ピクセル、ISO感度AUTO/100/200/400/800/1600(AUTOはリミット設定可)、バッテリーはリチウムイオン電池BLM-1、記録媒体はCFとxDピクチャーカードのデュアルスロット、約23万画素2.5型TFT液晶……など。下位モデルのE-410との最大の違いは、ボディ内手ブレ補正機構の有無となる。

 今回使ったレンズはZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5のみ。晴れの日であればF5.6程度まで絞るのでまったく問題ないが、この悪天候の中、全域でF2.8が確保できないズームレンズのみというのは、シャッタースピードの兼ね合いから正直辛かった。ただ手ブレ補正機構をON(IS.1)にして撮影したので、そのぶん助けられているようだ。


 カメラのセッティングはすべてISO400、JPEG:SHQ。WBはその都度、3,000〜3,300Kの間で設定した。縦横比が4:3なので、掲載サイズに合わせて3:2にトリミングしたものを掲載している。また現場で(WBなど)どう触っても色が思った感じにならなかったシーンに関しては、トーンカーブを触っている。この関係もあり、今週は後半の水着で、シャドウに少し黄色が浮いてしまっている。

 前半の私服は、周囲が白いこともあり、天気がよければ明るくシンプルなグラビアが撮れるものの、この天候では何をどうやっても地味で色のない絵となる。こんな時は色のあるものを散らして、少しでも絵に色味を付けるとまとまる事がある。今回は水着をばらまき「どれにしようかな〜!?」的な雰囲気で撮ってみた。表情も和らぐので一石二鳥だったりする。

 紗倉美緒ちゃんは、16歳の高校生。少し前にロケがあったらしく、こんがり小麦色に日焼けしていた。B87cmのFカップ。マネージャが持ってきた水着を選ぶとき「あれもこれもサイズが小さ〜い!」と言っていたのが印象的だった。(つづく)

actress 紗倉美緒D&L Promotion
photographer 西川和久
オリンパス E-510
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.net/blog/

2007/07/06 00:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.