デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

8月号【小沼 利依 + ソニー α100】第2週

〜コンパクトで使いやすい、気軽な一眼レフ


 私服2点目だけ、江の島アイランドスパではなく、昼食後に江ノ島へ向かう橋の下で撮っている。この場所は非遊泳区域なので、シーズン中(ただし週末以外)でも人は少なく、撮影しやすい。ただ潮が満ちていると、ほぼすべて海になってしまうので要注意! 日の回りから、夕方近くがお勧めだ。

 カメラのセッティングなどは先週とまったく同じ。屋内の水着(中段と下段左)だけISO200になっている。F2.8程度のレンズであればISO100のままでも撮れるのだが、F5.6になるとさすがにシャッタースピードに無理がある。また手ブレ防止機構は使っていない。撮影許可を得ているとはいえ貸切ではないから、できるだけ短時間で終わらすのがマナーだ。なのでISO感度を上げ、効率を上げる方を選択した。

 レンズの画角は私服の上段左70mm、上段右45mm、中段26mm、下段左28mm、下段右28mm。水着の上段左50mm、上段右70mm、中段35mm、下段左50mm、下段右40mmとなっている。テレ端、ワイド端、50mm近辺と意識しながら、ズームレンズを操作している。


 今回の撮影枚数は全部で約800枚。スパでの撮影を素早くしたこともあり、いつもよりかなり少ない。そのせいか、バッテリーは2本用意したものの、1本で十分だった。筆者の撮り方(ポストビューOFF、内蔵ストロボは使わない、再生は必要最小限)だと倍以上の枚数はいけそうな雰囲気だ。

 液晶ディスプレイの見え方はかなり正確だ。この日、ノートPCは単にメディアのバックアップとして使っただけで、確認はまったく行なっていない。終了後、事務所へ戻ってから画像を確認したところ、PC上で表示した時と差がない。ピーカンでもレフ板の陰で見れば十分確認できるくらいだから、明るく正確な液晶ディスプレイと言えよう。

 AFに関しては若干遅めで、たまに迷う。これは使ったレンズが原因かも知れない。撮影中、ちょっとイライラしたことがあった。シャッター音は軽め。好みの問題もあると思うが、もう少ししっかりした音が好きである。ボディのサイズはオフショットを見ればわかるように、ちょうどいいコンパクトさだ。女性でも気軽に扱えるだろう。

 余談になるが、この私服を撮った場所では、同時に他の撮影も行なわれていた。男性をロープでグルグル巻き、とちょっと怪しげな内容であったが(笑)、カメラ機材は結構それなり。こちらの方が先に終わったので、少しの間、利依ちゃんと一緒に見学していた。(つづく)

actress 小沼 利依アウラ・エージェント
撮影協力 江の島アイランドスパ
photographer 西川和久
ソニー α100
DT 18-70mm F3.5-F5.6



URL
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.net/blog/

2006/08/11 10:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.