デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

5月号【桝本 奈生 + オリンパス E-330】第1週

〜ライブビューに積極的に挑戦


 今週から5月号スタート。オリンパス E-330と桝本 奈生ちゃんの登場だ。もともとの予定では、水着は何処か浜へ行こうと思っていたのだが、東京はGWが終わってから天気が悪く、とても外で水着を撮れる気候ではない。とは言え、これまでと同じパターンでは面白くないので少しだけ工夫した。

 オリンパス E-330のスペックは、有効画素数約750万画素のフォーサーズLiveMOSセンサーを搭載、最大記録画素数3,136×2,352ピクセル、ISO感度100/200/400(1600までは拡張設定可能)、バッテリーはリチウムイオン電池BLM-1またはCR123A×3、メディアはCFとxDピクチャーカード、そして上下可動式の2.5型ハイパークリスタル液晶……などである。

 今年2月号で同社のE-500を扱ったばかりなので、E-330とどう違うかが興味津々。レンズは、その時と同じZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5に加え、11-22mm F2.8-3.5もお借りした。35mmフィルム換算22-44mmとなるので、広角中心ならこちらの方が扱いやすい可能性もあると思ったからだ。


 このカメラの特徴は何と言っても、一眼レフタイプのデジカメではじめてライブビュー機能を搭載したこと。筆者のBlogには「この手の撮影の場合、ローアングルは普通に道路へ寝転がったり、ハイアングルは何処かに登ったりと、面倒がらない限りライブビューは必要無い」と書いたものの、今回は積極的に使ってみた。どのカットが相当するか説明の必要は無いだろう。難点としては、フォーカスロックして構図を決めるとどうしてもピンが甘くなってしまうことだ。

 カメラのセッティングは私服がISO100でWB:昼光色、水着はISO400でWB:昼光色もしくはタングステン。SHQ(3,136×2,352ピクセル)のJPEG/sRGBで撮影した。また掲載レイアウトに合うよう、4:3から3:2へのトリミングも行なっている。

 桝本奈生ちゃんは、去年8月号のカシオ EXILIM EX-S500と富士フイルム FinePix F10のモデルで登場しているものの、デジタル一眼では初登場となる。また、今回からオフショットを撮るカメラをFinePix F11からF30へ切り替えた。どうも彼女は富士フイルムの高感度系コンパクトと縁があるらしい。(つづく)

actress 桝本 奈生アウラ・エージェント
photographer 西川和久
オリンパス E-330
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5、ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.net/blog/

2006/05/12 01:37
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.