デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

3月号【秋本未莉 + ペンタックス *ist DL2】第3週

〜状況判断して現場を仕切


 第3週目に使ったレンズは、私服は上段が50mm、中段が31mm、下段左が40mm、下段右が50mm。水着はすべて31mmになっている。水着で31mmが多いのは、撮影している部屋が6畳と引くに引けない事情からだ。

 この連載を長くご覧いただいている読者の方ならおわかりだとは思うが、3月号はオフショットではなくメインカットで視線を外したり、変顔(?)したりと、これまでやってないパターンの写真が毎回何点か入っている。

 理由は……と聞かれると特別にないが、あえてあげれば気候的に暑くも寒くもなくなりつつあり、筆者とモデルの双方に遊ぶ余裕がでてきたうえに、そろそろ決め決めのポーズを減らそうかと思っているから、といったところだろうか。

 気候の問題は、カメラマンもモデルもそれなりに考えながら撮影している。極端に寒い日や暑い日、雨天などは、できるだけ実際にシャッターを切る時間を短く、必要最低限に抑えないと、無理して回しても結果の上がりが悪かったりする。


 余談になるが、先月末に鎌倉へ音楽CDのジャケットを撮影しに行った時、天気は大雨で激寒、しかも「砂浜で海バックのイメージ」とクライアントから注文されたのだが、実際にシャッターを切ったのは1分未満。撮ったカットは30枚。雨の中で傘もささずにいると、多少濡れているのは絵になるが、限度を越えると使えない写真になる。で、30回目のシャッターで撮れたと思ったので終わりにした。これは極端な例かも知れないが、状況判断で現場を仕切るのもカメラマンの役目だ。

 決め決めのポーズの件は、撮影から掲載までの日数に影響する。無難なカットにしないと、事務所側からNGが出る可能性がある。マネジャー同行の時はその場で大雑把にOKをもらうものの、なかなかそれが難しいケースもある。仕事の時も同様で、時間が限られている時は、とにかく先に押さえのポーズを撮って、それでも時間が残ったら遊びのカットを……と、進行状況に応じて対応する。とは言え、このあたりは経験値しだいなので、いきなりそうしようと思っても難しいかも知れない。

 さて突っ込まれる前に書いておくが、水着左上のカットはもちろん水着を着ている。こんな感じで撮れば、着ていないように見えるテクニックだ。今回の遊びの中のひとつである。(つづく)

actress 秋本未莉( ピンクジャム プリンセス )@ドットシティ
photographer 西川和久
PENTAX *ist DL2
FA 31mm F1.8AL Limited, DA 40mm F2.8 Limited, FA 50mm F1.4



URL
  バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.net/blog/

2006/03/24 01:50
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.