デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

1月号【きこうでんみさ + Mamiya ZD】第1週

〜巨大CCDのモンスターデジタル一眼登場


 明けましておめでとうございます! 今週から2006年1月号スタート。Mamiya ZDと、約1年ぶりにきこうでんみさちゃんの再登場だ。撮影日は一瞬日が出たものの(私服 右上/左下)、残念ながらずっと曇天で気温もかなり低い。カメラにもモデルにも不利な条件となってしまった。

 Mamiya ZDのスペックは、有効2,150万画素の48×38mmサイズ(キヤノン EOS 5Dで35.8×23.9mm)という巨大なCCDを搭載、最大記録画素数5,328×4,000ピクセル、ISO感度64〜400相当(1/3段ステップ)、充電式リチウムイオン電池、メディアはCFカードとSDメモリーカードのデュアルスロット、約13万画素1.8型低温ポリシリコンTFT液晶……などである。Mamiya 645AFレンズが使用できる、モンスターデジタル一眼レフカメラと言えよう。

 カメラのセッティングは今回ちょっと複雑だ。衣装1点目はレンズがZOOM AF 55-110mm 1:4.5(F4.5に固定してマニュアル撮影)、ISO64、WB:太陽光、Lサイズ(5,328×4,000ピクセル)のJPEG/sRGBで圧縮はノーマル、カラーモード:スタンダード、シャープネス:中、トーン:ノーマル。

 室内自然光(眼鏡なし)の水着1点目は、レンズをAF 80mm 1:2.8(F2.8に固定してマニュアル撮影)、IS0200、他は衣装1点目と同じである。水着1点目の室内RIFA使用(眼鏡あり)は、ISO125、WB:タングステン、Mサイズ(4,096×3,072ピクセル)のJPEG/sRGBで圧縮はファイン、カラーモード:ポートレート、他は同じ。画像はPhotoshopでトーンカーブを使い、主にコントラスト補正、縦横比3:2にトリミング後掲載サイズへ縮小した。アンシャープマスクはかけていない。


 セッティングが複雑になった理由はふたつある。ひとつはレンズ2本を使い分け、かつできるだけ低ISO感度で撮影したかったからだ。ズームレンズはF4.5から、80mmの単焦点はF2.8から。室内はどう考えてもF4.5では辛い。従って80mmの単焦点1本勝負となる。ズームレンズは曇天とは言え、F4.5なら何とかISO64でもキープ可能だ。

 もうひとつは、始めはLサイズで撮っていたものの、掲載解像度を考えるとさすに大きすぎるので、途中からMサイズへ変更し、圧縮もファインとした。それでもファイルサイズは約7MB。1GBのメディアで約200枚弱しか入らない。カラーモードを後からポートレートへ変更したのは、光量不足の中、少しでも肌色が出ればと思ったからだ。

 もうひとつ書かなければならない事として偽色処理がある。このMamiya ZDはIRカットフィルターを標準搭載、ローパスフィルターはオプションとして脱着式になっている。手元にはローパスフィルターも届いたのだが、標準添付のIRカットフィルターを使った。

 しかし実際に撮影したJPEG画像を見ると、髪の毛など結構偽色が出ている。したがって始めPhotoshopを使い、偽色処理を行なっているのだ(一部屋外の写真は未処理)。方法は、RGB/8bit→RGB/16bitへ変換、RGBカラー→Labカラー変換、aチャンネルとbチャンネルにぼかし(ガウス)3ピクセルでぼかす、Labカラー→RGBカラー変換、RGB/16bit→RGB/8bitへ変換という手順だ。この方法はその昔、キヤノン EOS DCS 1cや3cを使っていた時に教わった。(つづく)

actress きこうでんみさ
photographer 西川和久
Mamiya ZD
AF 80mm 1:2.8, ZOOM AF 55-110mm 1:4.5



URL
  フォトジェニック・ウィークエンド バックナンバー
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/weekend_backnumber/



西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.net/blog/

2006/01/06 00:25
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.