デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

7月号【由梨 + ペンタックス *ist DL】第3週

〜ミックス光源に挑戦、してみたけれど……


 前回、普通の単3電池で約1,000枚撮影できたと書いたところ「それはいくらなんでも無理では!?」というメールなどを頂いたので、正確な枚数と撮影条件を書きたい。正確な枚数は869枚。一部、2点目の水着の後に撮った私服まで衣装が同じだった関係でカウントしていたため、100枚ほど多かった。申し訳ない。またカメラの設定はポストビューOFF。加えて同じシーンでは一度露出を決めると液晶表示は全く見ないので、省電力に効果があるのだろう。

 多分、ポストビューをONにすると枚数は減ると思われるが、それでも結構な量が撮れるのではないだろうか? いずれにしても、普通の単3電池でこれだけの枚数が撮れると旅先などで使うカメラとしては安心感がある。しばらく専用充電池ばかり使っていた筆者にとってはカルチャーショックだ。

 *ist DLを使ってちょっとした操作上のトラブルがあった。それはAEロックボタンである。筆者は普段マニュアル露出を使うのだが、持ち方が悪いのか? 何かの拍子にAEロックボタンを押してしまい、マニュアル露出で設定した値が変わってしまうことがしばしば。ファインダー内の表示が小さいので、被写体に集中しているとなかなか気付かないこともあった。慣れの問題ではあるが、軽く注意した方がいいポイントだろう。


 1週目の私服横位置と、今回の右上は少し変わった照明を使っている。500Wのアイランプで上はDaylight、下はTungstenという組み合わせだ。白バックでいつものリファだけでは面白くないかも!? と思い変えてみたものの、考えていた雰囲気にならず失敗だった。

 この照明はロケ先の室内ではよく使う手法で、色温度の違う光源をミックスすることによって着エロ系など怪しい感じにするにはピッタリ! とは言え、白バックにはミスマッチだったようだ。大したコストもかからず、はまればはまるので興味のある人は試して欲しい。注意点としては写真のようにDaylight側を上半身側にすること。

 話は変わるが、撮影を始める前に「今日はこれを使う!」と*ist DLを見せた時、由梨ちゃんが「あれ!?」と言うので、話を聞いたところ、どうやら今年のフォトイメージングエキスポのPENTAX *ist DSコーナーでモデルをしていたらしい。彼女を撮影した読者の方もいらっしゃるのではないだろうか!? 偶然とはいえ、面白い巡りあわせだ。(つづく)

actress 由梨アウラ・エージェント
photographer 西川和久
PENTAX *ist DL
FA31mm F1.8AL Limited, DA40mm F2.8 Limited, FA50mm F1.4




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.cfc.co.jp/knishika/index.html

2005/07/22 00:52
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.