デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

6月号【水木杏奈 + ニコン D50】第3週

〜フィルタやズームレンズを使わないわけ


 このシリーズでは、初回から全てJEPGだけで撮影し、RAWは一切使っていない。また特に書かない限り、Photoshopでリサイズと共に、若干トーンカーブを触っている。ただし、シャープネスについては、大きい方の画像はできるだけかけないようにし、パッと見で眠い写真だけ少し触る程度だ。レイアウトに合わせるため、機種によっては、例えばニコン系だと若干長尺が長いので3:2になるよう、オリンパス E-300では4:3なので3:2へトリミングと調整している。

 以前からオリジナル画像を掲載して欲しいとリクエストを頂き、筆者個人の掲示板やBlogではコメントしているものの、そろそろ半年過ぎるので、ここで正式な回答をしたい。このコーナーは毎週金曜掲載、水着あり……など、デジカメWatchとしては、かなり柔らかい内容になっている。

 つまり他のレビューとは違い、基本的には「グラビア」なのだ。ただ、場所が場所なだけに、できるだけ新しいデジタル一眼レフを使い、その使い勝手や撮影状況などインプレッションを書くというパターンになっている。

 「グラビア」という性格上、そして筆者の好みもあり、コントラストが浅かったり、黒が浮いたり緑被りしているのは好ましくなく、トーンカーブを触って調整している。とは言え、トーンカーブ以外のファンクションは全く触らず、そのトーンカーブも常識を逸脱するようなカーブは描いていない。いずれにしても、今後も含めオリジナル画像を掲載する予定は無いのでご了承頂きたい。


 さて前回、「ISO200なのでピーカンだと絞りを開けられない」と書いたところ、NDフィルターやPLフィルターを使えばいいのでは!? との意見を頂いた。しかし、これは実際やってみるとわかるが、ふたつの欠点を持つ。ひとつはAFの精度が落ちること、もうひとつはせっかく単焦点レンズを使っているにも関わらず、シャープさが損なわれることだ。

 銀塩では気にならない程度でも、600万画素を超え、モニタ上で1:1に表示できるデジカメにおいては、その差がはっきり現れる。個人差もあるだろうが、筆者にとってこの2点は、絞りを開けられるメリットより、デメリットの方がはるかに上回る。従って、余程の事情がない限りフィルター類は使わないようにしている。

 また、比較的新しいデジタル一眼に対応したレンズも使ってみたいが、ほぼ全てがズームレンズばかりであり、仮にボディと一緒に同梱されていたとしても使っていない。これも筆者のポリシーであり、どんな優れたズームレンズも単焦点にはかなわないと考える(欲しい焦点距離内でズームレンズしかない場合を除く)。モデルの子を呼び、場所などを段取りするなど手間をかけているのに、明らかに劣るレンズは使いたくないのだ。もちろん、これは被写体や用途にもよるので、ズームレンズ自体を否定しているわけではなく、このての撮影に限っての話である。

 今回、水着の写真は珍しくレンズを3種類使っている。上段左が50mm、上段右と、中段、下段右が35mm、下段左が85mmだ。どれも好きなレンズで写りも良い。ただ、イメージャがAPS-Cサイズなので、85mmを使うと撮影中の風景にもあるようにちょっと被写体から離れ過ぎてしまうのが欠点だ。そういった意味では、普通に会話できる距離で撮影可能な35mmが気に入っている。35mmを90%以上の割合で使っている理由はこんなところからである。(つづく)

actress 水木杏奈アウラ・エージェント
photographer 西川和久
Nikon D50
Ai AF Nikkor 35mm F2D, 50mm F1.4D, 85mm F1.4D




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.cfc.co.jp/knishika/index.html

2005/06/17 00:22
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.