デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

2月号【星野らいむ + コニカミノルタ α-7 DIGITAL】第1週

ボディーの完成度はワンランク上!


 2月号はコニカミノルタ α-7 DIGITAL、そして星野らいむちゃんの登場だ。使用したレンズは、AF Zoom 17-35mmF2.8-4(D)/AF Zoom 28-75mmF2.8(D)/AF35mmF1.4G/AF50mmF1.4の4本。それぞれのシーンで数本ずつ使い分けた。

 α-7 DIGITALは今回初めて使ったが、そのファースト・インプレッションはかなり良い。ずっしりと重たく手に馴染むボディー、明るいファインダー、そして同クラスの他機種では音がイマイチなシャッター音も抜群! ダイアル操作が多く、液晶パネルはモニタ画面ひとつと割り切っていて、銀塩ライクだ。その分、慣れるまでは少し時間がかかったものの、慣れてしまえば全体的に使い易い。

 気になるバッテリー駆動時間は、少なくとも今回の撮影中は全く問題なかった。一応予備を1本用意したのだが、いらぬ心配だった様だ。価格帯は16万円〜18万円程度。競合他社の同ランクと比較しても十分対抗できる上に、少なくともボディーの完成度はワンランク上だと思われる。とても魅力的なカメラではないだろうか!?


 このカメラの特徴である手ブレ補正機能もなかなか面白い。ボディーの裏にON/OFFの切り替えスイッチがあり、ONの時はファインダー内の右側に“手ブレ・インジケータ”が表示される。撮ろうとしているシーンでどんな感じなのか? をリアルタイムで教えてくれるのだ。実際には、露出を決めて撮影を始めてしまえば一切見ることは無いものの、撮りはじめるにあたって、シャッタースピードを優先して露出を決めるか、ISO感度を上げるかの判断基準のひとつにはなるだろう。

 一般的に手ブレ防止機構の入ったレンズは高価なため、ボディー側にこの機能が入っているのは全てのレンズで使用可能なのでありがたい。起動時間や書込み速度、AF速度、再生時間など速度的な部分もOK。少なくとも同クラスのカメラに実際の撮影レベルで劣るところは感じられなかった。

 今回カメラのセッティングは室内のRIFAを使ったシーン以外全てISO100、画質:ファイン、カラーモード:ナチュラル(sRGB)、WB:5500K、手ブレ防止:ONで撮影した(RIFAを使ったシーンはISO200、WB:3000K、他は同じ)。後処理で極僅かコントラストを持ち上げているものの、発色は非常にナチュラルだ。何時も仕事で使っているニコンD1Xとよく似た感じの絵作りで違和感は全く無い。ISO200に関してもノイズは感じられず十分使える範囲であろう。

 ただISO200にした水着の撮影はAFの調子が悪かった。ジャスピンが殆ど無かったのだ。これはカメラの問題と言うより筆者が疲れていたのも原因かも知れないし、RIFA一灯の時はニコンD1Xも同じ様な状態になることがある。マニュアルにある「オートフォーカスの苦手な被写体」での「きらきらと輝いているもの」、「繰り返しパターンの連続するもの」に相当する可能性があるのだ。

 ポートレートの場合、通常手前の眼にピントを合わすのだが、RIFAの様な明るくそして四角い光源を近くで照らすと眼がキラキラする上、まつ毛が丁度繰り返しパターンになり、AFの苦手なパターンになっているのかも知れない。(つづく)

actress 星野らいむ
photographer 西川和久
コニカミノルタ α-7 DIGITAL
AF Zoom 17-35mmF2.8-4(D), AF Zoom 28-75mmF2.8(D), AF35mmF1.4G, AF50mmF1.4
special thanks ungra




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.cfc.co.jp/knishika/index.html

2005/02/04 00:47
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.