デジカメ Watch
連載バックナンバー
〜ちょっと色っぽくなるカラーブースター!
[2009/05/22]

〜ISO800でも楽々!
[2009/05/15]

〜巨大なRAWデータ!
[2009/05/08]

〜オフショット編
[2009/04/24]

〜ワイド端11mmは面白い!?
[2009/04/17]

〜やはり便利なダストリダクションシステム
[2009/04/10]

〜フォーサーズの中堅機!
[2009/04/03]

〜ちょっと変わったストロボの使い方
[2009/03/27]

〜いつもより気持ち絞りは開け気味で
[2009/03/13]

〜普及価格帯の35mmフルサイズ機!
[2009/03/06]

〜オフショット編
[2009/02/27]

〜基本をおさえた現像ソフト
[2009/02/20]

〜充実した機能を持つ入門機
[2009/02/13]

〜小さいデジタル一眼レフ!
[2009/02/06]

〜オフショット編
[2009/01/30]

〜ヘビー級のRAWデータ
[2009/01/23]

〜あっさり目な発色
[2009/01/16]

〜フルサイズで50mmは気持ちいい!
[2009/01/09]


2008年

2007年

2006年

2005年

2004年

1月号【福山安奈 + 富士写真フイルム FinePix S3 Pro】第1週

〜フィルムメーカーならではの鮮やかな発色にビックリ


 新年1月号は、富士写真フイルム FinePix S3 Pro、そして福山安奈ちゃんの登場だ。FinePixのProシリーズはS1 Proの時、セブ島ロケに持って行ったり、けっこう長期間撮ったが、その後S2 Proは全く触らず、今回S3 Proを久々に1日中使ったといった感じである。

 ベースになるカメラ自体はS2 Pro同様、Nikon F80であるが、仕様的にいろいろ改善され、S1 Proの時の様にF80へ無理無理デジタル部を合体させた的な雰囲気ではなく、いい意味で違うカメラになった! という印象を受けた。もちろん、ファインダーを覗いたり、シャッターを切ったりすると、やはりF80の名残は残っているものの、この価格帯のデジタル一眼レフとしては標準的な仕上がりだろう。またいつも使っているNikonのレンズがそのまま使えるのもありがたい。24mm F2.8、35mm F2.0、50mm F1.4、85mm F1.4、フル出動だ。

【お詫びと訂正】記事初出時、S1 ProがF80ベースとの記述がありましたが、F60ベースの誤りでした。お詫びして訂正させていただきます。

 S3 Proに一番期待したのはその発色。Kodakもそうであるが、フィルムメーカーが作るデジカメの色は独特で、コントラストが高く、発色も好ましい傾向にある。つまりレタッチで画像を触らなくても十分見栄えのする写真になっている事が多い。更に富士フイルムに関しては肌色が抜群! 実のところ、実際の肌色はこんな色では無いのだが、いかにも綺麗と思われる肌色っぽく仕上げてくるところは富士フイルムならではと言えよう。最新鋭CCD、スーパーCCDハニカムSR IIから作り出される写真はどんなものか!? 興味深々で撮影を開始!!


 残念ながら撮影日は前後の日は良い天気だったにも関わらず、この日だけ曇天。「暗いので色が出ないな……」と、半ば諦め気味だったのだが、はじめの私服を撮り終え画像を確認したところビックリ! ご覧の様にとても鮮やかに肌の色もしっかり出ている。特に赤色が印象的だ。カメラのセッティングは“フィルムシュミレーション/スタジオポートレート”/JPEGを使い、解像度は600万画素相当、撮影後Photoshopでコントラストだけ少し調整した。

 CCDRAWや1,200万画素モードを使わなかったのは、この連載で掲載するのは約500万画素であり、オーバークオリティと判断したからだ。必要以上の解像度で撮影するとメディア効率も悪く、場合によってはカメラ自体の反応も鈍くなる。CCDRAWも撮影のテンポを考えるとグラビア撮影には向かないと筆者は思っている。(つづく)


actress 福山安奈
photographer 西川和久
FUJIFILM FinePix S3 Pro
Ai AF Nikkor 24mm F2.8D, 35mm F2D, 50mm F1.4D, 85mm F1.4D
special thanks star cats promotions




西川 和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、いろメロ待受@DWANGOのグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.cfc.co.jp/knishika/index.html

2005/01/07 00:37
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.