ニュース

GARIZ、ソニーα9/α7R III/α7 IIIに対応したレザーカメラケース

斜め掛けからの速写スタイルにも対応

ブラック

株式会社Kカンパニーは、GARIZ「SONY α7MK3(α9兼用)用ボディケース」を3月20日に発売した。価格はオープン。店頭予想価格は税込2万2,000円~2万4,500円。

カラーはブラック、ブラウン、キャメルの3色を用意するが、キャメルは取り寄せ品になる。

本製品は、ソニーのミラーレスカメラ「α9」「α7R III」「α7 III」で利用できるレザー製のボディケース。装着したまま、背面モニターの操作や記録メディア/バッテリーの交換に対応する。

また、底部はプラスチック4層とメタルプレート、メタルステッカーにより、強固な造りになっているという。

独自のGUN-SHOTシステムに準拠しており、別売のGUN-SHOTリング「XA-HR」を三脚用ねじ穴に装着し、「XA-SH1」(HOOK)と10mm幅までのストラップを組み合わせることで、吊り下げて携行可能となる。

同社によると、既発売の「α9(α7MK3兼用)用ボディケース」をα7 IIIで使用した場合、グリップ部に若干の違和感あることから取り扱いを終了。本製品へと切り替えるという。

ブラウン
キャメル

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。