【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

USB3.0カードリーダーの実力を試す

〜エレコム、バッファローコクヨサプライ、ロアスの3製品を計測
Reported by 本誌:関根慎一

 デジタルカメラの撮影画像をパソコンに転送する際は、USBカードリーダーを用いるのが一般的な方法のひとつだ。現在、もっとも手に入れやすいUSBカードリーダーの規格はUSB2.0だが、2011年1月頃から、上位規格であるUSB3.0に対応したカードリーダーが発売され始めている。

 USBカードリーダーにおいて、USB2.0と3.0の決定的な違いは、転送速度だ。USB2.0では規格上480Mbps(約60MB/秒)までの転送に対応しているが、USB3.0では5Gbps(約500MB/秒)の転送に対応する。

 今回紹介するエレコム「MR3-A001」、バッファローコクヨサプライ「BSCRA51U3」、ロアス「CRW-37M51」は、すべてUSB3.0に対応したUSBカードリーダーだ。いずれもUDMAやUHS-Iに対応しており、特にBSCRA51U3に関しては、規格上133MB/秒の転送が可能なUDMA mode6への対応を製品情報に明記している。

上段左からエレコム「MR3-A001」、バッファローコクヨサプライ「BSCRA51U3」、ロアス「CRW-37M51」

 USB3.0のカードリーダーは、RAW撮影や連写を多用するデジタルカメラユーザーにとって、待望の製品といえる。なぜなら、2009年頃よりUSB2.0の最大転送速度を超える“90MB/秒”などを標榜する記録メディアが登場していた一方、その速度を活かせるUSBカードリーダーが2011年まで一般ユーザー向けには存在していなかったからだ。

 もちろん、ExpressCard型アダプターなどを使って高速転送を行なうことは従来より可能だったが、あまり一般的ではなかった。

 今回は、USB3.0カードリーダー3機種と、USB2.0カードリーダー2機種の速度比較を行なう。USB2.0のカードリーダーは、バッファローコクヨサプライ「BSCRA38U2」とパナソニック「BN-SDCLP3」。このうちBN-SDCLP3はUHS-Iに対応している。また、計測に使用したSDカードでは、「Extreme Pro」がUHS-I対応モデルとなっている。

 デジタルカメラユーザーとしての関心事は、USB3.0と2.0の間で、実測値としての転送速度にどの程度差が出るのか、また、USB2.0同士であっても、UHS-Iへの対応と非対応で、速度に差が出るのかというあたりだろうか。

今回テストに使用した記録メディア。CFは左上からサンディスク「Extreme Pro」、「Extreme」、トランセンド「TS8GCF600」、レキサー「Professional UDMA 600x Speed」、「Professional UDMA 400x Speed」 SDカードは左からサンディスク「Extreme Pro」、「Extreme」、レキサー「Professional SDHC 133x」

■テスト条件

  • 「CrystalDiskMark Ver.3.0.1」の連続書き込みと連続読み出し(Sequential)で5回ずつ計測。
  • テスト環境は、Windows 7 Professional、Core i5、メモリ4GB、SATA350GBのノートパソコン。
  • いずれのカードリーダーもUSB3.0ポートに接続して計測している。
  • BN-SDCLP3はSDカード専用カードリーダーのため、SDカードのみ計測した。

 下図はUSB3.0カードリーダー3機種と、USB2.0カードリーダー2機種の転送速度を実測し、規格ごとに読み出し速度の平均値をグラフ化したもの。

・CFの平均読み出し速度(MB/秒)

製品名 容量 発売元 区分 UDMA USB3.0 USB2.0
Professional 400x 32GB レキサー CF 85.95 29.14
Professional 600x 32GB レキサー CF 84.21 35.08
TS8GCF600 8GB トランセンド CF 72.72 34.84
Extreme Pro 32GB サンディスク CF 63.02 35.24
Extreme 32GB サンディスク CF 47.09 28.63

・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)

製品名 容量 発売元 区分 SDスピードクラス UHSスピードクラス USB3.0 USB2.0
Extreme Pro 16GB サンディスク SDHC Class10 Class1 42.77 28.50
Extreme 16GB サンディスク SDHC Class10 - 23.28 21.16
Professional SDHC 133x 8GB レキサー SDHC Class6 - 23.16 21.15

■まとめ

 期待通り、どの記録メディアでも、USB3.0カードリーダーの方が読み出し、書き込み速度ともにUSB2.0カードリーダーの1.5〜2倍以上高速な計測結果となった。

 今回の計測には、サンディスク、レキサー、トランセンドの記録メディアを用いた。いずれも以前より高速モデルとして発売されている製品だが、USB3.0カードリーダーとUSB2.0カードリーダーの計測結果では、大きな差が現れている。

 USB2.0カードリーダー同士の計測結果に目を向けると、Extreme Proに関しては、BN-SDCLP3の方が高速な転送速度を記録している。USB2.0でも、UHS-I対応機器を組み合わせて使う意味はありそうだ。

 日頃、いわゆる高速記録メディアからデータをパソコンへ転送するときに感じていた不満は、インターフェースやカードリーダーの制限により、期待したほどの速度で使えないという点だった。正直、「別にこのくらいの速さなら、もっと安く売っている下位モデルでいいのでは」と思うこともあるだろう。

 しかし今年に入り、USB3.0に対応したカードリーダーが登場したことで、とりわけ高速を謳う記録メディアに関しては、速度の上限がいわば“解放”されたといってよい。

 また、3月9日には、ルネサスより従来比40%高速化したというUSB3.0ホストコントローラーが発表され、サンプル出荷を開始している。このコントローラーを搭載した製品の発売はまだ先になると思うが、USBが高速化すれば、撮影画像を扱うワークフローに、また新しい流れが生まれるかもしれない。今後も新製品の動向には注目していきたい。

 参考までに、カードリーダーごとの個別の計測値を以下に掲載する。

●エレコム「MR3-A001」

MR3-A001(ホワイト)

 1月下旬発売。価格は7,035円。エレコムのラインナップ中、唯一のUSB3.0カードリーダーとなる。

・CFの平均読み出し速度(MB/秒)


・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)


●バッファローコクヨサプライ「BSCRA51U3」

BSCRA51U3(ホワイト)

 2月下旬発売。価格は4,546円。今回紹介する3機種中、唯一UDMA mode6への対応を明言している。SDXCメモリーカードやMMCなどを使用できるUSB3.0対応小型モデル「BSCRSDXU3」も発売済み。

・CFの平均読み出し速度(MB/秒)


・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)


●ロアス「CRW-37M51」

CRW-37M51(ホワイト)

 1月26日発売。価格は3,990円。ロアス初のUSB3.0対応カードリーダーとなる。

・CFの平均読み出し速度(MB/秒)


・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)


●バッファローコクヨサプライ「BSCRA38U2」(USB2.0)

BSCRA38U2(シルバー)

・CFの平均読み出し速度(MB/秒)


・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)


●パナソニック「BN-SDCLP3」(USB2.0)

BN-SDCLP3

・SDHCメモリーカードの平均読み出し速度(MB/秒)






本誌:関根慎一

2011/3/25 14:31