【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

パナソニック「LUMIX DMC-GF1」スペシャルギャラリー

〜沖縄で気軽な旅スナップ
Reported by 塙真一

DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/3,200秒 / F1.7 / 0EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード

LUMIX DMC-GF1

 LUMIX DMC-GF1(以下、GF1)を手に秋の沖縄に行ってきた。GF1は、マイクロフォーサーズシステム規格を採用するレンズ交換式のカメラ。“コンパクトデジタルカメラと同程度”というには少し大きすぎる気もするが、少なくとも一般的なレンズ交換式のデジタル一眼レフカメラと比較すれば、十分に小さい。

 GF1の最大の特徴はこの小さなボディで、レンズ交換ができるということだろう。そこで今回の旅行には、GF1と一緒に発売となったパンケーキレンズ、「LUMIX G 20mm F1.7 ASPH.」をメインに、標準ズームレンズとなる「LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」、さらには風景撮影などで活躍してくれる広角ズームレンズの「LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH.」を持っていくことにした。

 GFを持って旅をしていて強く感じることは、やはり“旅カメラは軽くて小さいほうがいい”ということ。レンズを装着したボディを肩からぶらさげ、ウエストポーチ程度の大きさのバッグに交換レンズ2本とメモリーカードなどを入れて歩いていると、荷物の重さが気になることなどはなく、仕事を忘れ旅気分を満喫してしまう。このため、思考回路はすっかりとお気軽スナップモードになってしまった。これが良いのか悪いかは分からないが、“作品を撮るぞ”という意気込みというよりは、“楽しい旅行を自分なりの切り取り方で残しておこう”くらいの写真が増えてしまう。

 とはいえ、コンパクトデジタルカメラよりは作画の自由度は高いし、装着するレンズを考えながら被写体に向かうという楽しさもある。絞り優先を使った被写界深度の調節や、マニュアル露出モードでの撮影など、自分のイメージを写真に残すという作業もやはりこのクラスのカメラならではと感じる。

 唯一、注意が必要だと感じたことは、液晶モニターを使った撮影では、ファインダーを覗きながらの撮影よりも手ブレしやすいということだ。GF1はボディ内に手ブレ補正機構はなく、手ブレ防止はレンズの種類による。20mmのパンケーキレンズには手ブレ補正機構が搭載されていないため、あまりラフな感覚でシャッターを切ると、意外なほどブレていることがあった。ISOオートでも比較的低めの感度が選ばれることが多いので、夕方以降などはシャッターを切る前にシャッター速度を確認する習慣をつけた方が無難だ。

 ちなみに、オプション品となるLVFファインダーも装着していったが、ほとんどの場面では、背面の液晶モニターのほうが被写体が見やすく、あまりLVFを使うことはなかった。撮影そのものは気軽に楽しく、そしてシャッターを切るときは手ブレに気をつけて慎重に。これがこのカメラを楽しむ秘訣ではないだろうか。

※サムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像を別ウインドウで表示します。


DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/500秒 / F1.7 / +1EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 3,000×4,000 / 1/160秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 45mm / フィルムモード:スタンダード
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/160秒 / F18 / 0EV / ISO400 / プログラムAE / WB:オート / 7mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/2,500秒 / F2 / 0EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード
DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/2,500秒 / F2 / 0EV / ISO100 / 絞り優先AE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 3,000×4,000 / 1/60秒 / F5.6 / 0EV / ISO320 / プログラムAE / WB:晴天 / 45mm / フィルムモード:スタンダード
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F6.3 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 36mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/60秒 / F1.7 / +1.3EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:ダイナミック
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1秒 / F22 / 0EV / ISO100 / マニュアル露出 / WB:オート / 14mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×2,248 / 1/320秒 / F9 / 0EV / ISO100 / マニュアル露出 / WB:晴天 / 14mm / フィルムモード:スタンダード
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 22mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 7-14mm F4 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/160秒 / F8 / 0EV / ISO100 / マニュアル露出 / WB:オート / 11mm / フィルムモード:スタンダード
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 3,000×4,000 / 1/250秒 / F5.6 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 45mm / フィルムモード:ダイナミック DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F4.5 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 14mm / フィルムモード:ダイナミック
DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/30秒 / F1.7 / 0EV / ISO400 / プログラムAE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:ダイナミック DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1/200秒 / F4.5 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 14mm / フィルムモード:ダイナミック
DMC-GF1 / LUMIX G VARIO 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S. / 4,000×3,000 / 1/125秒 / F3.5 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:晴天 / 14mm / フィルムモード:スタンダード DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/30秒 / F1.7 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード

DMC-GF1 / LUMIX G 20mm F1.7 ASPH. / 4,000×3,000 / 1/100秒 / F1.7 / 0EV / ISO100 / プログラムAE / WB:オート / 20mm / フィルムモード:スタンダード



塙真一
(はなわ しんいち)スナップや風景写真、ペット、人物撮影のほかに、最近ではグラビアアイドルのDVDパッケージ写真やカレンダー撮影も精力的にこなす。ほとんどすべてのデジカメをテストする強者テスターというキャラクターでカメラ雑誌に好評連載を持つほか、パソコンやレタッチソフトなどの造詣も深くパソコン誌などの各誌にも連載を持つ。カメラ好きが高じて購入したデジカメの数は数十機にも登る。

2009/11/4 00:00


デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.