写真で見る

カシオEX-FR10

レンズとモニターが分離する「セパレート型デジカメ」

カシオのEX-FR10は、レンズとモニターが分離する「セパレート型デジカメ」だ。カメラ部を離して撮影することで、様々なアングルの撮影が楽しめるという突飛なコンセプトから、発表時には大いに話題を振りまいた。

写真の本体色はグリーン。他にオレンジとホワイトが用意される。

発売は9月19日。価格はオープン。店頭予想価格は税込み5万円前後の見込み。

今回、発売前のEX-FR10を借用できたので、まずは製品の外観や機能を簡単にお伝えする。

スペックなどの詳細は、こちらの記事を参照いただきたい。

カメラ部とコントロール部を分離させた状態。
カメラ部にはコントロール部をつなぐヒンジユニットは、スタンドとしても利用できる。
ヒンジユニットを握って撮影。こんなふうに楽に自分撮りできる。カメラ部とコントロール部の通信にはBluetoothを採用
ヒンジユニットが邪魔な場合は、カメラ部だけ取り外せる。
カメラ部のスペックは、撮像素子が1/2.3型有効1,400万画素裏面照射型CMOSセンサー、レンズが21mm相当(35mm判換算)F2.8。レンズを最大で90度回転させることが可能
カメラ部とコントローラー部を接続。
カメラ部を折り畳むと通常のデジタルカメラに近い横型のフォルムになる。
こちらはコントローラー部。カメラ部、コントローラー部と同様、シャッターボタンを備えている。
付属品一式。ネックストラップ、三脚ナット、カラビナストラップなど。
オプションのアタッチメントEAM-3(税別3,500円)。
カラビナストラップの使用例。
腕につけてアクションカメラのようにも。
カメラ部とコントローラー部はBluetoothで接続する。
ホーム画面
撮影中の画面
撮影モードの一部
タッチシャッターにも対応。自分撮りが得意なだけに、メイクアップ機能もある。
被写体から離れて撮るとき便利そうなインターバル撮影も。

(本誌:折本幸治)