写真で見る

ニコンDf

フィルム時代を想起させる35mmフルサイズ一眼レフ

 ニコンが11月28日に発売する「Df」の外観写真をお届けする。ブラック、シルバーの各色ボディと、特別デザインのキットレンズ「AF-S NIKKOR 50mm F1.8 G Special Edition」を撮影する機会を得た。実写を交えた新製品レビューも近日掲載予定だ。

 Dfは、ニコン後藤研究室の企画による“写真趣味層”を意識したデジタル一眼レフカメラ。フィルム一眼レフカメラのようなメカニカルダイヤルによる操作感を重視しつつ、フラッグシップ機「D4」と同一のイメージセンサー、フルサイズ上位機「D800」相当の防塵防滴性能、丸窓のガラスペンタプリズムファインダーといった撮影性能にこだわっている。

 ボディは同社フルサイズ機で最小・最軽量。フィルム一眼レフカメラのような先入観でDfを手にするとボディの厚みを感じるが、35mmフルサイズセンサーのデジタル一眼レフカメラとしては軽量・コンパクトで取り回しやすい。シャッターを切る際のキレのある動作音も心地よい。

 ニコンダイレクトでの予約購入価格は、ボディ単体が27万8,000円、AF-S NIKKOR 50mm F1.8 G Special Editionが付属するレンズキットが29万9,800円。

ブラック

シルバー

画面写真

・ファインダー撮影時

・ライブビュー画面

・メニュー

(本誌:鈴木誠)