【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

富士フイルムFinePix X100【第8回】

貼り革キットにチャレンジ!

Reported by 澤村徹


 Aki-Asahi.comからFinePix X100用貼り革キットが発売になった。貼り革ドレスアップはGR DIGITALのフードアダプターに端を発し、OLYMPUS PENでブームを巻き起こす。当初はシボ付きのビニックスレザーを用いることが多かったが、現在はカラフルなリアルレザー製貼り革キットが人気だ。今回のFinePix X100長期リアルタイムレポートは、この貼り革キットの貼り替えを試してみよう。

貼り革を交換するだけで、カメラの印象がずいぶんと変わる。好みの貼り革でドレスアップしてみよう

 Aki-Asahi.comの貼り革キットは、ビニックスレザー、リアルレザー、ウッドキットといった種類がそろっている。精密にカットされた4ピース構成で、裏面の両面テープでボディに貼り付ける。ドレスアップらしさを満喫できるのは、やはりリアルレザーとウッドキットだろう。特にウッドキットは本物のチェリーウッドとウォルナットをスライスしており、数ある貼り革のなかでもひときわ個性的だ。

Aki-Asahi.comの貼り革キットはバリエーション豊富だ。価格は各色2,100円 ウッドキットは貼り付けが難しいため、予備も含めて2枚セットで販売されている

 FinePix X100の貼り革作業は、OLYMPUS PENなどと異なり、慎重な判断が求められる。純正状態で貼り革が貼ってあるため、単に革を貼るのではなく、貼り替え作業が必要だ。そう、純正の貼り革を剥がさなくてはならない。この革を剥がすという行為は改造にあたるため、保証期間内でもメーカー保証が受けられなくなってしまう。見た目を大きく変える魅力的なドレスアップだが、あくまでも自己責任で作業してほしい。

 貼り革のファーストステップは、まず純正の貼り革を剥がさなくてはならない。純正の貼り革は両面テープで貼り付けられている。精密ドライバーなどを四隅に差し込み、貼り革の一端を持ち上げよう。そこをつまんでゆっくりとボディから剥がしていく。急いで剥がすとボディに糊が残ってしまうので、ていねいに作業しよう。なお、剥がした貼り革は伸びてしまうので、再利用は難しい。一度剥がしたら元に戻せないものと考えよう。

精密ドライバーなど、先端の尖ったもので四隅から剥がしていく。ボディを傷つけないように気をつけよう ファインダー切換レバーは貼り革の上から取り付けられている。剥がしづらい箇所なので、慎重に作業しよう
貼り革を剥がすと、ボディ上にネジが見える。気持ちが高ぶるが、不用意な分解は避けよう 裏面も貼り革を剥がしておく。貼り革は表裏合わせて4ピースで構成されている
剥がした貼り革は歪みが生じるため、再度貼り付けることは難しい。再利用は諦めよう

 貼り革を剥がし終わったら、ボディに糊が残っていないか確認する。そしていよいよ貼り付け作業だ。台紙から貼り革を剥がし、貼り革の一端をボディに合わせ、そっと置くように貼り付けていく。貼り革は正確にカットされているので、引っ張りながら貼ると位置がずれてしまう。テンションをかけずに貼り付けていこう。

 最大の難関はファインダー切換レバーだ。レバーの底面に貼り革をまわし込むのだが、これが思いのほか難しい。精密ドライバーなどで貼り革を押し込むか、ファインダー切換レバーとAF補助光ランプの間の革に切れ目を入れて貼り付けよう。特にウッドキットは伸縮性がないので、無理に力を入れると破れてしまう。この箇所をどれだけきれいに仕上げられるかがポイントだ。

レンズ外周に貼り革を合わせ、そっと置くように貼っていく。革を引っ張らないのがコツだ 貼り革はファインダー切換レバーとAF補助光ランプの穴が空いている。この間をカットすると貼りやすくなる

 ここではゴールディシュ・ブラック・クロコダイルを貼ってみた。クロコダイル柄を型押しした牛革に、うっすらとゴールドが吹いてある。この他にはライカM8.2に似たビニックスレザー4034、ウッドキットのウォルナットあたりがオススメだ。手持ちのストラップやケースとカラーバランスを考え、好みの貼り革キットを選んでみよう。

貼り革の種類によっては厚みがあるため、ファインダー切換レバーの動きが渋くなることもある リアルレザーを精密カットしているので、背面の操作ボタンも一切干渉しない
端子カバーは樹脂に型押ししているため、貼り革で柄をそろえることができない 側面の切れ目がピタリと合って気持ちいい。AF/MFスイッチも問題なく操作できる
左がビニックスレザーの4034、右がウッドキットのウォルナットだ。価格はともに2,100円


(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/7/19 00:00