【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

ニコン「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G」

交換レンズ実写ギャラリー
Reported by 上田晃司

D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約4.8MB / 4,928×3,264 / 1/500秒 / F4.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:晴天 / 40mm


 AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 Gは、2011年8月25日に発売されたニコンDXフォーマット専用のマイクロ(マクロ)レンズ。DX専用のマイクロレンズとしては、AF-S DX Micro NIKKOR 85mm F3.5 G ED VRに続く2本目となる。35mm判換算で焦点距離60mm相当の画角として使用でき、最短撮影距離は0.163mで最大撮影倍率は等倍。いわゆる伝統的な標準マクロレンズとして、ツボを抑えたスペックだ。今回はD7000とD5100に装着して使用した。

D7000に装着。発売は8月25日。価格は3万7,800円

 まず、外観から検証してみよう。レンズの大きさは約68.5mm(最大径)×64.5mm(全長)と手のひらサイズのコンパクトボディ。重量は約235gと見た目よりも軽量に感じる。鏡筒はプラスチック製だが、チープさもなくしっかりとした造り。近年のDXレンズに通じる高級感をたたえている。マウント部分は金属製だ。

 操作系もしっかりと造られている印象。いわゆるフルタイムAF(M/Aモード)にも対応しており、AF後のピント微調整も容易だ。フォーカスリングは、適度なトルクがありMFもほとんどストレス無く行なえる。しかし、細かい部分を指摘するとフォーカスリングの回転にほんのわずかな遊びがあるので数mm単位の微妙なピント合わせなどを行う際に気になることがあるかもしれない。

 AFには超音波モーターを採用。AF速度に関しては超高速とまではいかないが、ほとんどのシーンでストレス無く撮影できる。ただし、マクロレンズということもありレンズの駆動域も広いため、近接域から無限遠などに急にピントを変えるとさすがにゆっくりに感じるかもしれない。作動音はほとんど気にならない。

 描写力は非常に高く、近接撮影時でもシャープネス、コントラストともに高レベルな描写だ。遠景なども被写体のディテールまでしっかりと描写している。全体的にシャープでヌケの良い描写を堪能でき、絞り開放付近からでも十分使用できる印象だ。絞り開放付近で周辺減光が確認できるが、F5.6くらいまで絞ることで目立たなくなる。

 ボケに関してもなめらかでソフトな印象。絞りには円形絞りを採用しているため、丸ボケも崩れにくく狙いやすい。ただし口径食の影響が見られ、真円というより少し楕円形に近い。それでもデジタル専用の小型軽量なレンズとしては十分美しいといえるだろう。

 マクロや近接撮影はもちろんのこと、標準域のレンズで開放F値もF2.8のため使い易くスナップなどにも最適。絞って使えば風景などディテールを求められるシーンでも十分使用できる。VRがないのは残念だが、軽量コンパクトでコストパフォーマンスにも優れているので、マクロ入門者からキットレンズにプラスするにはオススメできるレンズだ。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約6.3MB / 4,928×3,264 / 1/80秒 / F3.2 / -0.3EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.2MB / 3,264×4,928 / 1/2,000秒 / F3 / 0.0EV / ISO100 / WB:晴天 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約4.1MB / 4,928×3,264 / 1/1,000秒 / F3.5 / +0.7EV / ISO100 / WB:曇天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.6MB / 4,928×3,264 / 1/100秒 / F3.5 / +0.3EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.8MB / 3,264×4,928 / 1/200秒 / F3.5 / +0.3EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約4.2MB / 3,264×4,928 / 1/1,250秒 / F3.2 / +0.3EV / ISO100 / WB:オート1 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約4.0MB / 4,928×3,264 / 1/500秒 / F6.3 / 0.0EV / ISO100 / WB:晴天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約3.8MB / 3,264×4,928 / 1/640秒 / F3.5 / 0.0EV / ISO100 / WB:晴天 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約7.8MB / 4,928×3,264 / 1/1,000秒 / F8 / +0.3EV / ISO800 / WB:晴天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.2MB / 4,928×3,264 / 1/1,250秒 / F3.2 / +1.0EV / ISO200 / WB:晴天 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.1MB / 3,264×4,928 / 1/640秒 / F6.3 / +0.3EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.9MB / 4,928×3,264 / 1/500秒 / F6.3 / +0.7EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm
D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.2MB / 3,264×4,928 / 1/100秒 / F4.5 / +0.7EV / ISO200 / WB: 晴天日陰 / 40mm D5100 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約5.9MB / 4,928×3,264 / 1/640秒 / F7.1 / 0.0EV / ISO100 / WB: 晴天日陰 / 40mm
D5100 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約4.9MB / 3,264×4,928 / 10秒 / F10 / -2.0EV / ISO100 / WB:電球 / 40mm D5100 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約6.3MB / 3,264×4,928 / 6秒 / F13 / 0.0EV / ISO100 / WB:白色蛍光灯 / 40mm


D7000 / AF-S DX Micro NIKKOR 40mm F2.8 G / 約6.5MB / 4,928×3,264 / 1/100秒 / F3.5 / +0.3EV / ISO400 / WB:晴天 / 40mm







(うえだこうじ)1982年広島県呉市生まれ。米国サンフランシスコに留学し、写真と映像の勉強しながらテレビ番組、CM、ショートフィルムなどを制作。帰国後、写真家塙真一氏のアシスタントを経て、フリーランスのフォトグラファーとして活動開始。人物を中心に撮影し、ライフワークとして世界中の街や風景を撮影している。現在は、カメラ誌やWebに寄稿している。ブログ:http://kufoto.exblog.jp/

2011/9/27 00:00