デジカメアイテム丼

縮長わずか26cmの8段一脚

ベルボンULTRA STICK SUPER 8

三脚メーカーのベルボンが“縮長26cmから156cmに伸びる”一脚「ULTRA STICK SUPER 8」を発売した。今回はこのアイテムを採り上げる。

カメラバッグに入るほど短くなり、使うときにアイレベルになる一脚というのはそう多くない。先般紹介したシルイの「P-306」は、縮長36cmから全高154cmに延びる数少ない高伸縮比の一脚だった。

ところがULTRA STICK SUPER 8はアイレベルをクリアしながら縮長26cmと、多くのカメラバッグに入るであろう縮長を実現した。

縮長は僅か26cm。ティッシュの箱より少し長い程度だが……
全高は156cmと多くの人のアイレベルをクリアする高さになる(最大まで伸ばしたところ)※モデルの身長は163cm

この高い伸縮比を実現できたのは独自のダイレクトコンタクトパイプを使用し、8段という多段構成にしたためだ。このダイレクトコンタクトパイプは、ロックナットやロックレバーが不要なため、伸縮比を上げやすい。

一脚としては段数の多い8段仕様
ダイレクトコンタクトパイプは、特殊な断面形状のパイプにすることで、ひねるだけでロックできる機構

また同時に、1番上と1番下のパイプを持ってひねるだけで固定ができるウルトラロック機構も実現している。この方式は瞬時に一脚を伸ばすことができ大変便利なものだ。

カメラ台の直径は43mmほど
石突はゴム製でしっかりしている

8段ということで下の方の脚は細いのだが、ロックがしっかりしていることもあり、中級一眼レフカメラ+大口径標準ズームでも安定して撮影できた。ミラーレスカメラにも好適と言えそうだ。推奨積載質量は3kgとなっている。

2段目のパイプにスポンジが巻かれており、ここを回すことで高さを微調整できる
2段目をすべて収納した高さ
ストラップとズボンのベルトに付けるクリップが付属
ベルトに提げて携行できる

また重量が347gと、アイレベルになる一脚としては軽いのもポイントだ。いつでもカメラバッグに忍ばせおけるサイズと重さなので、三脚を持ってこなかった際に活躍するというシーンもあるかもしれない。

一番上のパイプにはスポンジが巻いてあり、持ちやすい
この縮長だとカメラバッグにも収まりやすい(写真はテンバ メッセンジャーSサイズ)

実勢価格は8,610円前後と1万円を切っているのも嬉しい。先のシルイP-306と違ってサンニッパは無理だが、普及クラスの望遠ズームなどと組み合わせるにはもってこいの一脚と言えそうだ。

ニコンD700+AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで安定して使用できた

(本誌:武石修)