デジカメドレスアップ主義

「少数生産のオリジナルレンズ」という新潮流

ライカM + 花影 S1 60mm F2.2

  • ボディ:ライカMタイプ240
  • レンズ:無一居 花影 S1 60mm F2.2
  • マウントアダプター:レイクォール 新型L-Mリング 半欠きタイプ
  • カメラケース:鳥井工房 ライカMタイプ240エバレディケースグリップタイプ(プエブロ/グリージオ)
  • ソフトレリーズ:ジェイツジムラ New Premium Floral カメラソフトレリーズボタン シルバー925
  • シューカバー:ジェイツジムラ New Premium Floral カメラホットシューカバー シルバー925

 一般にカメラ用の交換レンズは、大きな会社が作る製品という印象が強い。純正レンズ、サードパーティー製レンズを問わず、メーカーの企業規模はけっして小さくない。

 しかしその一方で、少数生産のオリジナルレンズというジャンルが細く長く続いてきたのも事実だ。MSオプティカルのオリジナルレンズは、カメラに精通した人なら一度は目にしたことがあるだろう。今回取り上げる無一居は、そうしたオリジナルレンズの新ブランドである。

※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 無一居のオリジナルレンズは、著名なオールドレンズをモチーフにしているのが特徴だ。第1弾となる花影 S1 60mm F2.2は、ライカのソフトフォーカスレンズ、タンバール90mm F2.2をモチーフにしている。フルサイズに対応したライカLマウント(距離計連動可)のレンズで、APS-Cミラーレス機でも使いやすいように焦点距離を60mmに変更した。レンズ構成は3群4枚となり、タンバールを意識した設計になっている。

花影 S1 60mm F2.2は無一居のホームページから注文できる。価格は税込8万7,475円だ
フィルター径は40.5mmで、スクリュー式のレンズフードが付属している
ブラックというよりも、ダークグレーぐらいの塗装だ。エイジングに期待したい
LMリングはレイクォール製を使用。価格は税込1万1,340円だ

 コーティングはモノコートで、鏡胴はブラックとブラスの2色展開だ。ブラック鏡胴はあえて剥がれやすい低温黒色クロームメッキを施してあり、使いはじめると早々に地金の真鍮が顔を出す。きわめて趣味性の高いレンズであることをうかがい知ることができるだろう。

 本レンズは無一居の依頼により、木下光学研究所が生産している。いわば日本製のレンズだ。木下光学研究所は富岡光学の出身者が起こした会社で、工業用レンズや特殊用途のレンズなど、高精度なレンズ製造に定評がある。日頃、高性能を追求する光学研究所が、花影のようなあえて収差を残したレンズを手がけた点がおもしろい。

 実写してみると、輪郭部の豊富な滲みに加え、なめらかな前ボケがタンバールを彷彿とさせる。ただし、フルサイズ撮影だと開放近辺で周辺部の流れがきつく、シネレンズのようなアグレッシブな描写となる。F4まで絞ると中心部のシャープネスと絵画的な後ボケのバランスがよく、このレンズのスイートスポットと言えそうだ。タンバールのリメイクレンズというよりも、超弩級のクセ玉として楽しんだ方がこのレンズの良さが引き出せるだろう。

 ドレスアップ面は鳥井工房のレザーケースとジェイツジムラのカメラジュエリーを合わせてみた。鳥井工房のライカMケースは「いまどき仕様のクラシックスタイル」でスタンダードタイプを紹介したが、今回はグリップ付きを選んでみた。ライカMはボディサイズのわりに重量があり、グリップ付きはホールド感向上に即効性がある。ほどよい厚みがあり、握りやすいグリップだ。

鳥井工房のライカMタイプ240エバレディケースグリップタイプは税込5万1,800円
写真のケースは、プエブロのグリージオとミネルバボックスのカスターニョのコンビだ
背面は液晶上部にブリッジのあるデザインを採用。ボディにしっかりとフィットする
パンチングレザーをあしらった大きなグリップを備えている

 ジェイツジムラのNew Premium FloralはライカM専用アイテムだ。そもそもPremium Floralは同社が一番最初に手がけたカメラジュエリーで、当時はいろいろな機種に装着できるように設計し、汎用タイプとして販売された。しかしながら、ライカMタイプ240には装着できず、世界各国からリクエストが多数届いていたと言う。

New Premium Floral カメラホットシューカバーは税込4万9,680円だ
New Premium Floral カメラソフトレリーズボタンは税込2万520円

 今回のNew Premium FloralはPremium FloralをライカMタイプ240用に最適化した製品となる。装着がジャストフィットであることは無論、シューカバーの立体的な造形は圧巻だ。ライカMタイプ240用のPremium Floralを待っていた人には朗報だろう。

Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/750秒 / F2.2 / -1.33EV / ISO200 / WB:オート
Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/1,000秒 / F2.2 / -0.66EV / ISO200 / WB:オート
Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/180秒 / F4 / -2EV / ISO200 / WB:オート
Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/1,000秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート
Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/1,000秒 / F4 / -1.33EV / ISO200 / WB:オート
Leica M Typ 240 / 花影 S1 60mm F2.2 / 1/350秒 / F2.2 / -0.66EV / ISO200 / WB:オート

澤村徹

(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。ライター、写真家。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、こだわり派向けのカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。玄光社「オールドレンズ・ライフ」シリーズをはじめ、オールドレンズ関連書籍を多数執筆。http://metalmickey.jp