【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

デジカメドレスアップ主義:装着不能レンズに光明が射す

リコー GXR MOUNT A12 + Jupiter-12 35mm F2.8
Reported by 澤村徹

  • ボディ:リコー GXR MOUNT A12
  • レンズ:ジュピター12 35mm F2.8
  • マウントアダプター:フォクトレンダー LMリング(ヘリアー50mm F2付属品)
  • ファインダー:ツァイスイコン 440
  • ストラップ:ユリシーズ クラシコピッコロ
※この記事を読んで行なった行為によって生じた損害はデジカメWatch編集部、澤村徹および、メーカー、購入店もその責を負いません。また、デジカメWatch編集部および澤村徹は、この記事についての個別のご質問・お問い合わせにお答えすることはできません。

 リコーのGXR MOUNT A12が好調だ。デジタルカメラ初のオールドレンズ向けボディ(カメラユニット)だけあって、多くのオールドレンズファンに好意的に受け入れられている。ライカMレンズが直接装着できるうえに、マイクロレンズレイアウトをチューニングしているため、広角オールドレンズで撮影しても色かぶりが少ない。また、周辺画質の補正機能を搭載しており、ユーザー自ら色かぶりや周辺光量落ちを調整することが可能だ。オールドレンズファンにとっては、まさにドリームボディといえるだろう。

 このようにGXR MOUNT A12はオールドレンズにとって理想的なボディだが、実はもうひとつ大きなアドバンテージがある。後玉がせり出したレンズや対称型構成のレンズなど、これまでデジタルで再利用が難しかったオールドレンズにGXR MOUNT A12は対応しているのだ。スーパーアンギュロン、ルサール、ジュピター12といったレンズたちは、後玉が大きくせり出しているため、既存のレンズ交換式デジタルカメラでは内部干渉の恐れがあった。また、機種によっては装着こそできるものの、後玉が測光部を隠してしまい、露出測定が不正確になるというケースも見受けられる。GXR MOUNT A12は後発の利をいかしてマウントの内部構造に工夫をこらし、有名ながらデジタル撮影が難しかったレンズに対応しているのだ。

 今回はロシア製のジュピター12 35mm F2.8を装着してみた。後玉が大きくせり出し、ボディを選ぶ代表格のようなレンズだ。このレンズはライカL互換マウントを採用しているので、LMリングを装着した上でGXR MOUNT A12付属のチェッカーを付けてみた。後玉がチェッカーの枠内に収まり、装着可能レンズであることがわかる。オールドレンズファンであれば、「あのレンズが使えるのか」と感慨深いはずだ。

ジュピターの35mmで撮れる。これだけで感無量、という人も少なくないはずだ 35mm判換算52.5mm相当なので、ターレットファインダーは50mmにセットしている
前面に絞りリングがある。前玉はマクロレンズのように奥まった場所に収まっている 後玉が極端にせり出しているが、チェッカーで調べると、れっきとした装着可能レンズだ

 ドレスアップ面はツァイスイコンのターレットファインダーを取り付けてみた。ガトリング砲を彷彿とさせるインパクトのある顔つきだが、外付けファインダーとしては大柄で、扱いの難しいアイテムのひとつだ。GXR MOUNT A12はミラーレス機としてはいくぶん大きめなので、ターレットファインダーを付けても違和感がない。GXRの無骨なたたずまいとも好相性だ。

 ストラップはユリシーズのクラシコピッコロを選んでみた。GXRはストラップの取り付け部が狭いため、装着可能なストラップが限られてくる。特にフルレザータイプのストラップは、GXR対応をうたった製品を選んだ方が確実だ。ユリシーズのクラシコピッコロは先端が細く、さらに装着補助用のテグスを使ってGXRに取り付ける。GXRに装着できるフルレザーストラップとして、実に貴重な選択肢だ。また、本製品は金属パーツを使っていないので、カメラ本体やレンズを傷つける心配が少ない。実用性にこだわったフルレザーストラップである。

ツァイスイコン440は、25/35/50/85/135mmがひとつにまとまっている 背面のダイヤルでパララックス補正が可能だ。中古価格は2万円前後が目安となる
ユリシーズのクラシコピッコロはGXR向けの製品だ。価格は5,985円 カラバリは全5色で、それぞれベジタブルタンニンなめしのイタリアンレザーを使っている
ストラップ先端に極小の穴が空いており、ここに付属のテグスを通してGXRに取り付ける

 ジュピター12 35mm F2.8はロシア製で、戦前のビオゴン35mm F2.8をデッドコピーしたレンズといわれている。ゾナーコピーならぬビオゴンコピーというわけだ。マテリアルや加工精度こそ異なるものの、特に手を加えずにコピーしているため、安価で写りのよいレンズとして定評がある。開放からシャープで発色がよく、ボケ味も滑らかで破綻がない。凄みのような描写は感じられないものの、1万円前後で入手できることもあり、そのコストパフォーマンスは抜群だ。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなしの撮影画像(JPEG)を別ウィンドウで表示します。
GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/1,700秒 / F2.8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/1,700秒 / F2.8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm
GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/4,000秒 / F4 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/3,500秒 / F2.8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm
GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/310秒 / F5.6 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm GXR MOUNT A12 / Jupiter-12 35mm F2.8 / 4,288×2,848 / 1/4,000秒 / F2.8 / 0EV / ISO200 / WB:オート / 35mm

 GXR MOUNT A12はオールドレンズが似合う無骨なボディだが、ドレスアップに関してはかなりハードルの高い機種だ。まず、向かって右側にシャッターを内蔵しているため、ボディがいくぶんせり出している。この独特のボディ形状が災いしてか、GXR MOUNT A12に対応したサードパーティ製レザーケースはごくわずかだ。また、ストラップの取り付け部が狭いので、手持ちのストラップが必ずしも装着できるとは限らない。このように何かと制約の多いボディだが、オールドレンズ専用機として息の長いモデルになるはずだ。ロングセラーを見越して、カメラアクセサリーメーカーが対応製品をリリースしてくれるとありがたい。



(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。カメラならびにデジタル関係を得意するフリーライター。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「OLYMPUS PEN E-P2/E-P1カスタムブック」「GR DIGITALカスタムブック」(ともに翔泳社)他。http://metalmickey.jp

2011/11/22 00:00