フォトアプリガイド

定番iOSアプリ特集(4)「ProCamera 7」

JPEG保存品質の設定も可能な多機能カメラアプリ

定番アプリ特集の4回目は、iOS純正カメラアプリの代替として知られる多機能カメラアプリ「ProCamera 7」を紹介する。

試用バージョンは5.3。価格は300円。

「ProCamera 7」は撮影支援機能が充実していることも人気の要因のひとつだが、もうひとつ特徴的なポイントがある。それが、画像の保存形式を選べる点だ。画像編集アプリの中には、編集した画像を他形式で保存するものもあるが、カメラアプリとしては珍しい。

選べるのは、基本となる「JPEG」と「TIFF」(uncompressed/LZW)の2つ。写真を素材として高品質に保存しておきたいなら「TIFF」を、常用には「JPEG」をといったような使い分けができる。

また、JPEGの保存品質(圧縮率)を任意に指定できるのも、スマホ向けカメラアプリとしては珍しい機能だ。

撮影支援機能としては、夜間撮影向けの「ナイトモード」などを搭載。また、ホワイトバランスのロック、グリッド表示など基本的な機能も備える。撮影比率は「4:3」のほか「1:1」「16:9」など、複数の比率に対応する。

撮影後の画像に対しては、エフェクトの付加やトリミング・回転、明るさやコントラストなどの編集にも対応する。

「ProCamera 7」は、代替カメラアプリとして求められる「多機能さ」と「使い勝手のよさ」が絶妙なバランスで保たれており、初心者から上級者まで幅広い層で活躍しそうだ。

その一方で、写真を素材として扱いたいユーザーにとっては、TIFFで保存できるのは一種のアドバンテージになる。画質を求めるユーザーにとっても、数少ない優良なフォトアプリといえそうだ。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。