フォトアプリガイド

定番iOSアプリ特集(3)「Instant - ポラロイドメーカー」

インスタントカメラのおしゃれな雰囲気を再現

定番アプリ特集3回目は、インスタントカメラ風の写真が撮れるカメラアプリ「Instant - ポラロイドメーカー」だ。

試用バージョンは1.1.1。価格は200円。

カメラアプリの中でも人気のあるインスタントフィルム風の写真をシミュレートするアプリ。撮影機能のほか、編集機能も備えており、他のアプリで撮影した画像に対し、ポラロイド風エフェクトを付加するといった使い方もできる。

撮影機能としてはかなり限定的で、「LEDフラッシュ」しかない。また、ファインダー越しをイメージしているのか、画面に表示された被写体はかなり小さい。

拡大やピント調整などにも対応していないので、使い方としては、被写体を確認したらシャッターを切るだけだ。

撮影が終わると“現像”画面へと切り替わる。この時、本物のインスタントフィルムと同じように画像が表示されるまで、ちょっとした時間が必要となる。

現像時間は設定から早めることもできるが、ポラロイドの雰囲気を楽しむなら、この待ち時間を“味”として楽しむべきだろう。

また現像の終わった画像は、エフェクトの付加といった後加工にも対応する。

用意されたプリセットエフェクトは30種類あり、そのほかにも、彩度の調整や折り目などのダメージ効果の付加にも対応する。

完成したポラロイド風画像は、保存だけでなく、FacebookやTwitterなどに投稿もできる。

カメラアプリとしては撮影支援機能に乏しく、決して扱いやすい部類のものではないが、それがかえってインスタントカメラの雰囲気を高めているように思える。ポラロイド風エフェクトを搭載した画像編集アプリとしても利用できるので、興味のある人はチェックしてみてほしい。

飯塚直

(いいづか なお)パソコン誌&カメラ誌を中心に編集・執筆活動を行なうフリーランスエディター。DTP誌出身ということもあり、商業用途で使われる大判プリンタから家庭用のインクジェット複合機までの幅広いプリンタ群、スキャナ、デジタルカメラなどのイメージング機器を得意とする。