【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

フォトアプリガイド:【iPhone】More Lomo

〜手軽に“ロモ”風の写真が楽しめる
Reported by 水咲奈々

 スマートフォン用のアプリを中心に、デジカメWatchがピックアップした「フォトアプリ」を随時紹介します。なお、機能や価格などの内容は執筆時のものです。

 この「More Lomo」は、iPhoneなどで撮影した写真を簡単にロモ(LOMO)風のおしゃれな写真に加工してくれるアプリです。執筆時のバージョンは1.1でダウンロードは無料。iPhone/iPod touch/iPad互換のiOS 3.1以降に対応しています。

More Lomoを起動するとこの撮影画面になります

 このような画像加工アプリは無料、有料共に多数リリースされていますが、操作ボタンが多かったり加工フィルターが何度も指をスライドさせないと見切れないほど多かったりと、ちょっぴりサービス過剰すぎちゃう物もあります。色々遊べるのは楽しいけど、トイカメラの基本としてシンプルにシャッターを切りたいときは、More Lomoがお勧めです!

 ロモとは、コントラストが高く鮮やかでこってりとした色調のアーティスティックな写真が撮れるロシア製のトイカメラで、世界中に根強いファンがいます。このロモらしい色調に加工してくれるスマートフォンのアプリは多種ありますが、このMore Lomoが操作が一番シンプルなアプリではないでしょうか。

 まずアプリを起動すると、いきなり撮影画面になります。この画面が汚れたファインダーを模していて、トイカメラなのにライブビューで撮影しているような不思議な気分になれます。

 ピント合わせはオートで、シャッターは画面内のどこに触れても切ることができます。画面をタップするとすぐに撮影が始まってしまいますので、ピントを合わせようと被写体をタッチしたら“カシャ”なんてことも、慣れないうちは多いかもしれません(笑)。

撮影終了後のプレビュー画面。保存するときは右上の「Save」をタッチします 保存のオプション画面。5種類の保存方法から選択できます

 撮影が終了するとロモ風に加工された画像がプレビューされて、撮り直すか保存するかの選択ができます。

 画像保存方法は、「ロモ風(768×1,024ピクセル)」、「ロモ風(768×1,024ピクセル)+オリジナル(1,536×2,048ピクセル)」、「ロモ風(1,536×2,048ピクセル)+オリジナル(1,536×2,048ピクセル)」、「オリジナル(1,536×2,048)」の5種類から選択することができます。

 また、その場で撮影しなくてもカメラロールから画像を選んで加工することも可能なので、以前撮った写真を思い出したようにロモ風に変身させて、TwitterやFacebookなどにアップしてみるのも面白いかもしれません。

 簡単、お手軽、ワンタッチで何気ない日常が自分の手のひらで変化する楽しみを、このMore Lomoは提供してくれます。

実写サンプル

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
ロモ風。雑貨屋さんにてキラキラ光る林檎のオブジェを撮影。物と物に挟まれた暗い空間でした。 オリジナル
ロモ風。散歩途中の公園に「イヤ!」顔の石を見つけて思わずパチリ オリジナル画像
ロモ風(以下同)。お店の軒先で売られていた涼しげな風鈴たち。それほどブレずに撮れました
和風の被写体もコントラストの高いロモ風にするとまた新鮮です 色味の少ない被写体だとクールな印象になります
広角気味のiPhoneのカメラなら自分の足も撮りやすい! 真っ白なテーブルクロスを撮影してみました。これと赤い林檎のロモ風画像を見比べるとなんだかアプリの仕組みが見えてくるような!?


水咲奈々
(みさきなな)東京生まれ。舞台役者、ナレーター、スチールモデルなどを経て撮られる側から撮る側に。独学で写真を学びセルフを含むポートレートをメインに撮り始める。2007年に写真を持ち込んだ月刊カメラマンに(なぜか)編集として入社。新しい機種にいち早く触れる環境に狂喜する。色々な側面から写真に携われる編集業務にはまり、2010年フリーの編集として独立。撮って、書けて、しゃべれる編集として活動中。Twitter:@cosaruru ブログ:http://misakinana.com

2011/6/22 00:00