ニュース

失われたRAWを復元する「HD 革命/FileRecovery Ver.4」

キヤノン、ニコン、ソニー、ペンタックスなど6タイプの拡張子に対応

株式会社アーク情報システムは、デジタルカメラのRAWファイルの復元にも対応した「HD 革命/FileRecovery Ver.4」を3月18日に発売する。

グレード別に「HD 革命/FileRecovery Ver.4 データ復元 & ドライブ修復」「HD 革命/FileRecovery Ver.4 データ復元」の2種類をラインナップ。


    HD 革命/FileRecovery Ver.4 データ復元 & ドライブ修復
    ・通常版:7,600円
    ・アカデミック版:6,000円
    ・ダウンロード版:6,000円

    HD 革命/FileRecovery Ver.4 データ復元
    ・通常版:5,500円
    ・アカデミック版:4,300円
    ・ダウンロード版:4,300円

    ※価格表記は税別・メーカー希望小売価格

誤って削除したデータを取り出したり、ドライブを修復してデータを復活させるなど、PCの復元を行うためのソフト。

対応OSは、Windows 10/8.1/8/7/Vista。

上位ソフトの「〜 & ドライブ修復」は、データ復元の基本機能に加え、ドライブの修復機能や、起動しなくなったOSからデータを取り出す機能などが追加されている。具体的にはパーティションの正常化と、起動ディスクを使ってのデータ救出。

PCの内蔵ドライブに加え、外付けHDD、SDカードなどの記録メディアも復元できる。PC内蔵ドライブに本ソフトをインストールして使用する方法の他、OSが動かない場合の対処法として、製品CDから本ソフトを起動する方法、起動用CD/USBメモリーを作成してそこから起動する方法などが選べる。

前ソフトのVer.3より、デジタルカメラのRAWファイル復元に対応した。サポートするファイル拡張子は、.NEF(ニコン).CR2(キヤノン).ARW(ソニー).MRW(ミノルタ).PEF(ペンタックス).DNG(ライカ、リコーなど)。JPEGの復元も行える。

さらにVer.4では、.MRW以外のRAWファイルについて、復元時にプレビューが表示されるようになった。また、復元時に表示するファイル名を撮影日付にする機能も追加されている。また、4Kまたは8KのMP4ファイルにも対応した。

その他Ver.4の新機能としては、スキャン方法にセクタスキャンが加わった。これはドライブ全体ではなく、ドライブのセクタを任意に指定し、そこだけをスキャンする方法。一般的に、復元したいファイルがどのセクタにあるかはユーザーにとって不明だが「1日数時間、大容量ドライブを数回にわけてスキャンする」といったニーズに向いているという。