ニュース

ニコン、「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」を10月22日に発売

発売延期していた手ブレ補正付きの大口径標準ズーム

ニコンは10月13日、交換レンズ「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」の発売日を10月22日(木)に決定した。

製品発表時に8月27日発売と予告し、「最終調整に時間を要している」として10月発売に延期していた製品。具体的な発売日が決定した。

関連アクセサリーの「バヨネットフードHB-74」、「レンズキャップ82mm LC-82(スプリング式)」、「ニュートラルカラーNCフィルター82mm」、「円偏光フィルターII 82mm」も10月22日に発売する。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、新たに手ブレ補正機構を搭載した35mmフルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ。ニッコールで初採用の非球面EDレンズや、画質重視で凹先行型ズームタイプを採用したレンズ系、鏡筒可動部の耐久性強化などを特徴とする。価格は税別28万7,500円。