ニュース

RICOH THETAのアプリがアップデート

動画の記録時間が延長 近日公開のファームウェア適用で

リコーは7月22日、全天球カメラ「RICOH THETA」用のアプリを更新した。

更新内容は以下の通り(引用)。

RICOH THETA for Android バージョン 1.15.0
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)で一度に撮影できる動画の記録時間が3分から5分になりました。
  • 「アプリ内」のシングルビュー画面において、前後の全天球イメージへ移動するときに、表示エリアを維持するようになりました。
RICOH THETA for iPhone バージョン 1.14.0
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)で一度に撮影できる動画の記録時間が3分から5分になりました。
  • RICOH THETA (型番: RICOH THETA m15)内に保存できる動画の合計記録時間が約40分から約60分になりました。

なお動画記録についてのアップデートは、カメラのファームウェアを近日公開の01.30にすることで利用可能になる。

RICOH THETAは、ワンショットで全天球イメージを撮影できるデジタルカメラ。現行モデルのm15は動画記録にも対応した。発売は2014年11月。実勢価格は税込3万4,700円前後。