ニュース

FUJIFILM X-T10の先行体感イベントが開催

XF90mm F2も展示 渋谷ヒカリエで

FUJIFILM X-T10

富士フイルムは、ミラーレスカメラ「FUJIFILM X-T10」の先行体感イベントを全国5都市で開催する。ここでは5月27日にスタートした東京会場の模様をお伝えする。

富士フイルムのブース
同社ハンズオンコーナーではX-T10が一番の人気

富士フイルムの先行体感イベントは、大阪、名古屋、福岡、札幌でも順次開催する。詳細はこちら

東京会場は渋谷ヒカリエ 8階。同じ場所では「東京カメラ部2015写真展」が開催されているほか、同写真展に合わせてデジカメ各社のブースも出展されている。期間は5月31日まで。時間は11時〜20時(5月27日は17時まで)。なお写真展は6月14日まで開催している。

FUJIFILM X-T10は、富士フイルムが6月25日に発売するミラーレスカメラ。上位モデル「FUJIFILM X-T1」の画質を継承しつつボディの小型化を図った。店頭予想価格はボディ単体が税別9万円前後、18-55mmレンズキットが税別12万円前後の見込み。

EVFに加えてポップアップストロボも搭載する
ストロボのポップアップは、左肩のレバーで行う
シャッター速度ダイヤル脇のオートモード切り替えレバーにより、即座にオートモードにすることができる
7月16日発売の新レンズ「XF90mm F2 R LM WR」も試せる
その他のレンズも試用可能

メーカーブースがオープンすると同時に、3台あるX-T10の実機には来場者が詰めかけた。従来機種との違いなどを熱心に質問する来場者の姿が見られた。なお、今回は会場で撮影した撮影データの持ち帰りはできない。

X-T10で撮影した作品も展示されていた
アンケートに答えるとカメラのミニチュアがもらえる

5月28日〜5月31日には各社のトークイベントが開催されるほか、6月6日〜6月14日にも富士フイルムのトークイベントが予定されている。スケジュールなどはこちら

カメラ各社が集まるブースの様子
会場の渋谷ヒカリエ