ニュース

キヤノン、「EF50mm F1.8 STM」を5月21日発売

ロングセラーの人気レンズがリニューアル

キヤノンは、交換レンズ「EF50mm F1.8 STM」の発売日を5月21日に決定した。

5月11日の製品発表時、5月下旬の発売を予告していた製品。具体的な発売日が発表された。価格は税別1万9,500円。

実売1万円前後の手頃な単焦点レンズとして定評ある「EF50mm F1.8 II」(1990年12月発売)の後継モデル。35mmフルサイズのイメージサークルをカバーする。

レンズ構成は従来モデルと同じだが、絞り羽根を5枚から7枚に増やし、新たに円形絞りとした。レンズコーティングも新しくなっている。最短撮影距離は0.45mから0.35mに短縮。

また、ステッピングモーターを用いることで静音・スムーズなAF動作を特徴としている。フィルター径は49mm。バヨネット式のフードを別売で用意する。