ニュース

ニコンCapture NX-Dの最新版が公開

D5500などに新対応 PFフレア軽減機能を追加

ニコンは1月27日、純正RAW現像ソフト「Capture NX-D Ver.1.1.0」を公開した。対応OSはWindows Vista/7/8.1、Mac OS X 10.8.5/10.9.5/10.10.1。

D5500などの新機種対応や、新レンズに対応する「PFフレアコントロール」機能の追加などが行われている。

更新内容は次の通り(引用)。

Capture NX-D Ver.1.1.0(Windows)

  • D5500、S3700、L32 に対応しました。
  • Capture NX 2で編集したファイルをCapture NX-Dで再編集する際、既に編集済みの内容で続けて編集可能になりました。
    - ただし Capture NX-D では Capture NX 2 での[現像]セクションの項目のみ調整可能です。また Color Efex Pro の編集を適用した画像の場合は、撮影時の設定に戻してから編集可能となります。
  • [カメラとレンズの補正] パレットに [PFフレアコントロール] を追加しました。
    - 対応したレンズで撮影した画像の場合、画面内に強い光源がある場合に発生するフレア(リング状、円形など)を軽減することができます。
  • [調整メニュー] に [最後に保存された状態に戻す] を追加しました。
    - Capture NX-D で編集した調整内容をリセットします。
  • [ツール] メニューに [Camera Control Pro 2を起動] を追加しました。
  • 下記の現象を修正しました。
    - ゆがみ補正を適用させた画像を開いたときに、エッジ部に色づきが出てしまう。
    - [ノイズリダクション] を適用した場合に、プログラムが予期せぬ終了をしてしまう。
    - 非ピクチャーコントロール対応機種(D2XS、D2X、D2HS、D2H、D1X、D1H、D1、D200、D100、D90、D80、D70S、D70、D60、D40X、D40)で撮影した RAW 画像を表示したとき、未編集であっても編集マークが表示される。
    - [ピクチャーコントロール] を [ニュートラル] 、[フラット] または [モノクロ] で撮影したRAW画像に対し、[ピクチャーコントロール] を [撮影時の設定] のまま [クイック調整] を行った後、Capture NX-D の再起動を行うと、[クイック調整] の値が [0.00] になってしまう。
    - [ノイズリダクション] の [高画質2013] が、JPEG または TIFF 画像でも選択できてしまう。
  • 下記の現象を修正しました。
    - Windows 7 以前の OS において、マイピクチャ内の画像を複数選択しての画像コピーまたは移動ができない。
    - [ファイル変換] 機能でファイル名を変更して保存した時にファイル名が正しく反映されない。

Capture NX-D Ver.1.1.0(Macintosh)

  • D5500、S3700、L32 に対応しました。
  • Capture NX 2で編集したファイルをCapture NX-Dで再編集する際、既に編集済みの内容で続けて編集可能になりました。
    - ただし Capture NX-D では Capture NX 2 での[現像]セクションの項目のみ調整可能です。また Color Efex Pro の編集を適用した画像の場合は、撮影時の設定に戻してから編集可能となります。
  • [カメラとレンズの補正] パレットに [PFフレアコントロール] を追加しました。
    - 対応したレンズで撮影した画像の場合、画面内に強い光源がある場合に発生するフレア(リング状、円形など)を軽減することができます。
  • [調整メニュー] に [最後に保存された状態に戻す] を追加しました。
    - Capture NX-D で編集した調整内容をリセットします。
  • [ツール] メニューに [Camera Control Pro 2を起動] を追加しました。
  • 下記の現象を修正しました。
    - ゆがみ補正を適用させた画像を開いたときに、エッジ部に色づきが出てしまう。
    - [ノイズリダクション] を適用した場合に、プログラムが予期せぬ終了をしてしまう。
    - 非ピクチャーコントロール対応機種(D2XS、D2X、D2HS、D2H、D1X、D1H、D1、D200、D100、D90、D80、D70S、D70、D60、D40X、D40)で撮影した RAW 画像を表示したとき、未編集であっても編集マークが表示される。
    - [ピクチャーコントロール] を [ニュートラル] 、[フラット] または [モノクロ] で撮影したRAW画像に対し、[ピクチャーコントロール] を [撮影時の設定] のまま [クイック調整] を行った後、Capture NX-D の再起動を行うと、[クイック調整] の値が [0.00] になってしまう。
    - [ノイズリダクション] の [高画質2013] が、JPEG または TIFF 画像でも選択できてしまう。
  • OS X 10.10.1 に対応しました。
  • OS X 10.7.5 が非対応になりました。

PFフレアコントロールは、1月29日に発売する新レンズ「AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR」に採用されているPF(Phase Fresnel:位相フレネル)レンズの特性による「PFフレア」を軽減するための機能。同レンズの製品発表時に、Capture NX-Dへの機能追加を予告していた。