ニュース

Nikon 1 V3がPCリモート撮影に対応

Camera Control Pro 2で 5月公開のファームウェアより

ニコンは、「Nikon 1 V3」を「Camera Control Pro 2」に対応させるファームウェアを5月に公開する。

Nikon 1 V3

Camera Control Pro 2は、同社製デジタル一眼レフカメラを対象としたリモート撮影のためのソフトウェア。新ファームウェアによりNikon 1 V3でもリモート撮影が可能になる。

世界最速という高速連続撮影が可能なNikon 1 V3がCamera Control Pro 2に対応することで、被写体の連続した動きの詳細な記録や分析をリモートで行えるとする。「静かな撮影および軽量・コンパクトボディーという特長をいかし、従来のデジタル一眼レフカメラとは異なる分野で活用いただくことを期待する」としている。

なお、1 NIKKOR VR 10-30mm f/3.5-5.6 PD-ZOOMなどの電動ズームも遠隔操作が可能となる。

また、アプリケーション開発を行う企業向けにNikon 1 V3のリモートコントロール用SDKを提供する。画像処理システムへの組み込みが可能となることから、研究開発や学術分野での利用を見込む。

Nikon 1 V3は1型センサーを採用するミラーレスカメラ。AF追従で約20コマ/秒、AF固定で最大約60コマ/秒の連写が可能。ボディのみの実勢価格は6万9,660円前後。

Camera Control Pro 2の実勢価格は1万7,260円前後。