ニュース

ソニー、レンズ交換式レンズスタイルカメラ「QX1」の供給不足を告知

ソニーは、10月10日発売のレンズ交換式レンズスタイルカメラ「ILCE-QX1」および、レンズスタイルカメラ「DSC-QX30」が供給不足に陥っていると発表した。

理由を「予想を大幅に上回るご注文をいただいており、生産が要望に追いつかない状況となっております」と説明している。

レンズ交換式レンズスタイルカメラILCE-QX1L(レンズキット)の利用イメージ
レンズスタイルカメラDSC-QX30の利用イメージ

対象は、レンズ交換式レンズスタイルカメラILCE-QX1(ボディ)、ILCE-QX1L(レンズキット)、レンズスタイルカメラDSC-QX30。

QX1、QX30ともに、スマートフォンと接続して撮影する製品。Wi-Fiで接続したスマートフォンの背面モニターにライブビューを映し出し、撮影操作は本体に加え、スマートフォンからも行なえる。

そのうちQX1は、APS-Cサイズセンサーを搭載する製品で、Eマウントレンズに対応したレンズ交換式。レンズキットには薄型電動タイプの標準ズームレンズ「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」が付属する。実勢価格はボディのみ3万9,000円前後。

QX30は、1/2.3型CMOSセンサーに24-720mm相当F3.5-6.3の30倍ズームレンズを組み合わせたモデル。実勢価格は4万7,000円前後。