ニュース

ライカ、“Mini M”を正式発表。APS-Cコンパクト「ライカXバリオ」

28-70mm相当のズームレンズ搭載

 ライカカメラジャパンは、APS-Cセンサー搭載のズームコンパクト「ライカXバリオ」(Leica X Vario)を6月20日に発売する。直販店価格は34万1,250円。5月下旬に“Mini M”として6月11日の発表をティザー予告していたライカの新モデル。

 単焦点レンズを搭載する「ライカX2」と同様に、Made in Germanyを特徴とするレンズ固定式モデル。撮像素子はAPS-Cサイズの有効1,620万画素CMOSセンサー。レンズは35mm判換算28-70mm相当となる「ライカ バリオ・エルマー f3.5-6.4/18-46mm ASPH.」。ズーム操作は手動。レンズ鏡筒にフォーカスリングを備える。最短撮影距離は30cm。

 ボディ上部のダイヤルは、ライカX1およびライカX2と同様にシャッター速度と絞りの二つ。いずれも「A」の位置でオート、任意の数値に動かすことで各優先AEもしくはマニュアル露出となる。ボディ上部右手側には動画ボタンを新設。動画記録は最大1,920×1,080/30fpsのMP4記録に対応する。

 外観デザインにはM型ライカ最新モデル「ライカM」の要素を取り入れたとしており、トップカバーにはライカMと同様の製法で削り出したという無垢のアルミニウムを採用した。M型ライカのようにトップカバーに段を設けたことで、外付けEVF用の端子を持つホットシュー周りがフラットに収まった印象になっている。ポップアップ式のストロボもこれまでのXシリーズ同様に備える。液晶モニターは3型92万ドット。

 ISO感度はISO100〜ISO12500。シャッター速度は30秒〜1/2,000秒。連続撮影は5コマ/秒で7コマまで(DNG+JPEG fine)。対応記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。撮影可能枚数は約350枚。外形寸法は約133×73×95mm。重量は約628g(撮影時)、約594g(本体のみ)。

 写真管理ソフト「Photoshop Lightroom」のダウンロード権が付属する。

 なお、対応アクセサリーとしてハンドグリップ、フィンガーループなどを7月に発売する。下記はライカXバリオ用アクセサリーの一例。

対応アクセサリーの装着例(以下同)。写真はハンドグリップ(以下同)
フィンガーループ
外付けEVF(ライカX2、ライカMと共用)
レンズフード
レザーケースとストラップはブラックとコニャックの2色を用意