ニュース

「SIGMA Photo Pro」のMac版が更新

 シグマは10日、現像ソフト「SIGMA Photo Pro」のMac版を更新した。バージョン番号は5.5.2。

 更新内容は以下の通り(ダウンロードページから引用)。

  • X3FファイルをダブルクリックしてSIGMA Photo Proを起動すると、異常終了してしまうバグを修正いたしました。
  • カラープロセス時において、倍率色収差補正のレンズプロファイル補正モードがアクティブにならない条件を修正いたしました。
  • メインウインドウのサムネイル画像表示のスピードを改善しました。
  • メインウインドウから画像の保存を行う時に「調整設定−カスタム」を選択すると、ノイズリダクションの適用量が初期値になってしまうバグを修正しました。
  • メインウインドウのサムネイル画像にファイル名が表示されないバグを修正しました。
  • 印刷結果にディスプレープロファイルが反映されてしまうバグを修正しました。

【2013年5月15日】記事初出時、バージョン番号を「5.2.2」と記載しておりましたが、正しくは「5.5.2」です。

(本誌:武石修)