ニュース

ソニー、30倍ズームで世界最小・最軽量の「サイバーショットDSC-HX50V」

 ソニーは、30倍ズームで世界最小・最軽量というコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-HX50V」を5月17日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万3,000円前後の見込み。カラーはチタンシルバーとブラック。

 2012年3月に発売した「サイバーショットDSC-HX30V」の後継モデル。ズーム倍率が20倍から30倍になったほか、有効画素数が1,820万画素から2,040万画素に引き上げられた。

 光学式手ブレ補正は30倍ズームの従来機「サイバーショットDSC-HX200V」比で効果を約2倍に向上させた(望遠端時)。また、AFも同機比で約2.3倍に高速化した(望遠端時)。いずれもアルゴリズムの改良で実現したという。

 シーン認識機能「プレミアムおまかせオート」のパターン数は、2012年モデルの33から44に増えた。暗い場所での被写体ブレに対応したという。また「アドバンスフラッシュ」では、ストロボ撮影時にカメラが自動で感度を最適に設定し、背景まで明るく撮れるようになったとしている。

広角端時
望遠端時

 前モデルに引き続きWi-FiおよびGPS機能を備える。新たにWi-Fi経由でスマートフォンをリモコンとして使えるようになった。端末でライブビューも確認できる。またスマートフォンに画像を転送する場合は、カメラからも転送画像を選べるようになった。

 ボディ上部には新たに露出補正ダイヤルとマルチインターフェースシューを搭載した。モードダイヤルには、あらかじめ撮影モードや数値の設定を登録しておき、呼び出して撮影できる「MR」ポジションを新搭載した。

 マルチインターフェースシューではクリップオンストロボのほか、EVF「FDA-EV1MK」、ステレオマイク「ECM-XYST1M」、LEDライト「HVL-LEIR1」などが利用できる。

HVL-F60Mの装着例
HVL-F20Mの装着例
FDA-EV1MKの装着例
ECM-XYST1Mの装着例
HVL-LEIR1の装着例

 撮像素子は1/2.3型有効2,040万画素の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」。AVCHDによるフルHD 60p動画の撮影にも対応する。

 バッテリーの撮影可能枚数は前モデル比25%増しの約400枚となっている。

 オプションとして専用ジャケットケース「LCJ-HN」(4,935円)を同時に発売する。ボディジャケット、上カバー、ショルダーストラップからなる。ブラックとブラウンを用意する。ケースをしたままUSB充電が可能。

製品名 サイバーショットDSC-HX50V
撮像素子 1/2.3型有効2,040万画素 裏面照射型CMOSセンサー
レンズ 24-720mm相当(35mm判換算)F3.5-6.3
最短撮影距離 5cm(広角端)
2m(望遠端)
手ブレ補正 光学式
感度 ISO80-3200
最大ISO12800(画像処理使用)
露出プログラム プログラムAE、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル露出
測光方式 マルチパターン、中央重点、スポット
シャッター速度 30-1/1,600秒(全モードあわせて)
液晶モニター 3型約92万ドット
記録メディア SDXC/SDHC/SDメモリーカード、メモリースティックPROデュオなど
連写速度 約10コマ/秒(10枚まで)
動画記録 AVCHD(1,920×1,080・60p)など
バッテリー リチウムイオン充電池「NP-BX1」
撮影可能枚数 約400枚
外形寸法 108.1×63.6×38.3mm
質量 約246g(本体)
約272g(バッテリー、メモリーカード含む)

(本誌:武石修)