ニュース

パナソニック、最薄部14mmのスタイリッシュコンパクト「DMC-XS1」

 パナソニックは、コンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-XS1」、「LUMIX DMC-FH10」を2月14日に発売する。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はDMC-XS1が1万6,000円前後、DMC-FH10が1万4,000円前後の見込み。

LUMIX DMC-XS1
LUMIX DMC-FH10

 ともに24-120mm相当の5倍ズームレンズを採用する薄型スタイリッシュモデル。撮像素子は有効1,610万画素の1/2.33型CCDセンサーを搭載。7シーンを自動判別する「おまかせiAモード」を利用できる。記録メディアはmicroSDHC/SDカード。

 13種類のフィルター効果を適用できる「クリエイティブコントロール」のほか、DMC-XS1のみ「クリエイティブパノラマ」も搭載。11種類のエフェクトを適用したパノラマ撮影を行なえる。

 発売済みのLUMIX DMC-S2は28-112mm相当F3.1-6.5のレンズだったが、DMC-XS1およびDMC-S2では24-120mm相当F2.8-6.9と高倍率化した。自社開発の新レンズにより薄型化も実現し、DMC-XS1のレンズ鏡胴部を除いたボディ最薄部は14mm(DMC-S2は19.6mm)とした。

製品名 DMC-XS1 DMC-FH10
撮像素子 1/2.33型有効1,610万画素CCD
レンズ 24-120mm相当(35mm判換算)F2.8-6.9
手ブレ補正 光学式
感度 ISO100-1600
ISO1600-6400(高感度モード)
シャッター速度 8-1/1,600秒
15/30/60秒(星空モード)
液晶モニター 2.7型23万ドット
記録メディア microSDHC/SDメモリーカード
内蔵メモリー(約90MB)
動画記録 Motion JPEG(1,280×720・30fps)など
バッテリー リチウムイオンバッテリーパック(USB本体充電対応)
撮影可能枚数 約260枚
外形寸法 93.8×53.5×17.6mm 93.0×54.6×18.0mm
質量 約88g(本体)
約103g(撮影時)
約85g(本体)
約100g(撮影時)

(本誌:鈴木誠)