ニュース

マイクロフォーサーズシステム規格に新規賛同社

〜コダックブランドを引き継ぐJK Imagingなど

 オリンパスとパナソニックは21日、マイクロフォーサーズシステム規格に新たに5社が賛同を表明したと発表した。

 Blackmagic Design Pty. Ltd.は、放送用機器の開発および製造で知られるオーストラリアのメーカー。

 JK Imaging Ltd.はコダックブランドのコンシューマー向けビジネスを引き継ぐアメリカの企業。

 株式会社フォトロンは高速度カメラや放送機器などを手がける日本のメーカー。

 SVS-VISTEK GmbHは、産業用マシンビジョンコンポーネントやシステムの開発と製造を手がけるドイツのメーカー。

 株式会社ビュープラスは、動画関連機器のほか通信、画像処理、イメージセンシング技術関連のソリューションを手がける日本のメーカー

 マイクロフォーサーズシステム規格は、2008年にオリンパスとパナソニックが共同で発表したレンズ交換式カメラのシステム。

 これまでに同規格には、アストロデザイン、カールツァイス、ケンコー・トキナー、コシナ、駒村商会、シグマ、シュナイダークロイツナッハ、タムロンが賛同を表明している。