【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ニコン、FXフォーマット最小最軽量の「D600」


 ニコンは、35mmフルサイズセンサーを搭載したレンズ交換式デジタルカメラ「D600」を9月27日に発売する。ニコンFXフォーマットで最小最軽量の製品。



 価格はオープン。店頭予想価格は、ボディのみが22万円前後、「24-85 VRレンズキット」が27万5,000円前後、「ダブルレンズキット」が30万円前後の見込み。

 24-85 VRレンズキットには、「AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR」が付属。ダブルレンズキットにはさらにAF-S 50mm F1.8 Gが付属する。レンズマウントはニコンFマウントを採用。


24-85 VRレンズキットおよびダブルレンズキットに含まれるAF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VRを装着したD600

 外形寸法は約141×113×82mm。D800より幅5mm、高さ10mmの小型化を実現している。これはペンタプリズム周りのデザインの最適化、AFセンサーの小型化、各所のスペース効率の見直しが大きいという。

 質量は約760g(本体のみ)。D800より140gの軽量化となっている。



 撮像素子には、有効約2,426万画素の新・ニコンFXフォーマットCMOSセンサー(35.9×24mm)を採用。他のFXフォーマット機と同様、DXフォーマット(23.5×15.7mm)でのクロップ撮影も行なえる。その場合の記録画素数は約1,032万。

 感度はISO100-6400。拡張設定時は最低ISO50相当、最高ISO25600相当での撮影が可能になる。画像処理エンジンはEXPEED 3。


有効約2,426万画素の新・ニコンFXフォーマットCMOSセンサーを搭載

 ファインダーは視野率100%を確保。倍率は0.7倍(50mmレンズ使用時)。これらの数値はD4およびD800と同等だ。アイポイントはD800の17mmに対し、21mmとなっている。格子線の表示など、従来からの各種表示にも対応している。


ペンタプリズム

 AFシステムは、マルチCAM4800オートフォーカスセンサーモジュールによるフォーカスポイント39点タイプ。また、中央部5点と中段左右各1点の計7点はF8に対応した。そのため、合成F値が8になる場合(開放F4の望遠レンズと2倍テレコンバーターの組み合わせなど)でもAFが作動する。

 FX、DXともに最高5.5コマ/秒、最大100コマの連写性能を実現。起動時間0.13秒、レリーズタイムラグ約0.052秒(D4は約0.042秒)といった、レスポンスの良さも特徴としている。

 記録メディアスロットは、SDXC/SDHC/SDメモリーカードのダブルスロット。UHS-Iにも対応している。Eye-Fiカードも正式サポート。

 シーン認識システムによる測光も引き続き採用された。2016分割RGBセンサーと撮像素子から得た情報をもとに、露出やホワイトバランスの制御に反映する。位相差AF時にはオートエリアAFや3D-トラッキング、ライブビューおよび動画撮影時には顔認識AFが利用できる。

 最高シャッター速度はD4やD800の1/8,000秒と異なり、D600では1/4,000秒に抑えられている。

 液晶モニターは3.2型92万ドットの固定式。本体右手側上部には表示パネルも設けられている。

 グリップ前面にはサブコマンドダイヤル、背面右手側上部にはコマンドダイヤルを装備。動画ボタンはD800同様、シャッターボタン手前に配置された。

 特徴的なのは、背面にピクチャーコントロールのダイレクトボタンを備えていること。また、モードダイヤルにはユーザー1、ユーザー2に加え、シーンモードポジションも確認できる。


GN約12(ISO100・m)の内蔵ストロボも備えている

 1,920×1,080/30pのフルHD動画記録に対応。圧縮方式はH.264/MPEG-4 AVC。D800に続き、FXベースとDXベースの2つの撮像範囲を選べる「マルチエリアモードフルHD Dムービー」となっている。HDMI出力を利用しての外部レコーダーによる非圧縮記録もD800から踏襲する。

 ボディ外装にはマグネシウム合金を使用。防塵防滴構造となっている。



 専用のマルチパワーバッテリーパック「MB-D14」は4万2,000円。EN-EL15×1個、単3電池6本、ACアダプターEH-5bに対応する。こちらも外装はマグネシウム合金製。


マルチパワーバッテリーパック「MB-D14」を装着

 ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」も用意される。D3200とともに発表された「WU-1a」の上位機種ボディ用ともいえる製品で、無線LAN機能を搭載。スマートフォンなどへの撮影画像の転送が行なえる。価格は5,250円。


ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1b」

2012年9月13日:D800をストロボ非搭載としていましたが、正しくはD600と同様、内蔵ストロボを搭載しています。

(本誌:折本幸治)

2012/9/13 13:48