【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

“ワンダーフェスティバル 2012[夏]”にオリンパスとキヤノンのミニチュアカメラが登場

〜「ネコノデジタルカメラ」に白と黒の新色も

 29日に開催されたガレージキットの展示即売会「ワンダーフェスティバル2012[夏]」において、カメラのミニチュアモデルなどが展示された。

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)の会場は幕張メッセ。主催はワンダーフェスティバル実行委員会および海洋堂 会場の様子。多くの来場者で賑わっていた

OM-DやPENのほか往年のキヤノンカメラのミニチュアも

 タカラトミーアーツのブースでは、オリンパスとキヤノンのミニチュアカメラを展示していた。いずれもカプセルトイ(ガチャ)として発売する。ケース内に展示されていた。

タカラトミーアーツのブース

 「OLYMPUS マイクロ一眼カメラ ミニチュアコレクション」は10月発売予定。価格は1回200円。オリンパスイメージングが監修した。ボディカラーとレンズの組み合わせで、「OLYMPUS OM-D E-M5」と「OLYMPUS PEN E-P3」を各3種類ずつ用意する。いずれも1/3スケールで、ボールチェーン付。実物のカメラのホットシューに装着できる台座を備えている。

 なおタカラトミーアーツでは、「PENTAX一眼レフカメラミニチュアコレクション」などを発売済み。

いずれもボディとレンズがセットになっている。レンズは外れるので、交換して楽しむこともできる
E-M5(ブラック)+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ(ブラック
E-M5(シルバー)+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ(ブラック)
E-M5(ブラック)+ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8(ブラック)
E-P3(シルバー)+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2
E-P3(ホワイト)+ M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2
E-P3(ブラック)+ M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8
いずれのモデルも、実際のカメラのホットシューに取り付け可能な台座を備えている
背面のボタン類も再現している

 一方の「日本立体カメラ名鑑 Canon編」は、往年のキヤノンカメラをミニチュア化したもの。2012年冬の発売を予定している。ボディとレンズがセットで1回300円。全6種類を用意する。キヤノンが企画協力を行なっている。

 ブースに担当者が来ていなかったため詳細は不明だが、カメラボディは「F-1」と「ハンザキヤノン」と見られる。展示されていたのは“原型”と呼ばれるもので、販売時には着色される。大口径超望遠レンズはそれ自体で1個のカプセルになるという。

キヤノン往年のカメラやレンズをミニチュア化した(発売時には着色される)
MFのフィルムカメラ「F-1」と見られるボディ。巻き上げダイヤルなどの造形も細かい
こちらはレンジファインダーカメラの「ハンザキヤノン」とみられる
レンズにはフロントキャップも付属するようだ
こちらはレンズ単体で1つのカプセルになるという超望遠レンズ
背面

ネコノデジタルカメラに新色登場

 SIPPO(シッポ)のブースには、「ネコノデジタルカメラ」の新色「シロ」と「クロ」が展示されていた。価格はともに1万5,750円。すでに販売を開始している。

SIPPOのブース

 ネコノデジタルカメラは、北欧の陶芸家リサ・ラーソン氏の作品である猫の形をしたデジタルカメラ。これまで、オリジナルデザインとなるオレンジの縞模様のモデルがあったが、このほど全身が白と黒にカラーリングされたモデルが加わった。カメラとしての機能は従来とほぼ同様で、有効300万画素CMOSセンサーや焦点距離38mm(35mm判換算)の単焦点レンズを搭載する。

ネコノデジタルカメラ・シロのパッケージ 猫の体に模様はなく真っ白だ。片方の目がレンズになっている
ネコノデジタルカメラ・クロのパッケージ こちらも模様はない。足にマグネットがあり鉄の部分に固定できる
同梱品。バッテリーは内蔵。microSDHC/SDメモリーカード(別売)を使用する SIPPOは熊本県のテーマパーク「阿蘇ファームランド」にあるショップで、リサ・ラーソン氏がデザインしたオブジェなども扱っている。SIPPOによると、ネコノデジタルカメラの新色は一部の雑貨店などでも入手できるとのことだ

 ワンダーフェスティバルは、幕張メッセの1〜8ホールを使用する大型イベント。20年以上続いており、近年は夏と冬の年2回開催されている。

 会場にはガレージキット、フィギュア、ぬいぐるみ、ドールなどをはじめ、さまざまなキャラクターグッズなどが所狭しと並んでいた。また、イベントに花を添えるコスプレイヤーも多く参加していた。次回は2013年2月10日に幕張メッセで開催する。





(本誌:武石修)

2012/7/30 00:00