【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

トキナー、35mmフルサイズ対応の「AT-X 16-28 F2.8 PRO」を正式発表


AT-X 16-28 F2.8 PRO

 トキナーは、35mm判のイメージサークルに対応した大口径超広角ズームレンズ「AT-X 16-28 F2.8 PRO」のニコン用を8月6日、キヤノン用を9月中旬に発売する。価格はいずれも12万3,900円。

 16-28mmの画角をカバーしつつ、ズーム全域でF2.8を実現した。PMA 2010やCP+2010に参考出品し、6月28日に開幕したPHOTONEXT 2010に展示した際、製品に関する詳細を「近日発表予定」としていた製品。

 AF制御センサーには分解能の高いGMRセンサー(高密度磁気センサー)を採用。従来の回転検出センサーと比べて精度の高いフォーカスが可能としている。

 また、静音性の高いDCモーターを使用し、モーターと減速ギアを一体型とした「SD-M」(Silent Drive-Module)を搭載したことで、AF時の静音性向上を図った。

 レンズ構成は13群15枚。前群にP-MO非球面レンズ、後群にガラスモールド非球面レンズ2枚を採用。SD(超低分散)ガラス3枚も使用し、35mm判フルサイズセンサーにおいても、画面周辺の解像度および光量の確保と、ディストーションの補正を実現するという。

 鏡胴は、フォーカス部を二重構造とし、マウント外周部にゴムシーリングを施すことで、防塵防滴に配慮。ほかのAT-X PROシリーズと同様、AFとMFの切替をピントリングの前後操作で行なえるフォーカスクラッチ機構も装備している。

 最短撮影距離は0.28m、最大撮影倍率は1:5.26。絞り羽根は9枚で、最少絞りはF22。フィルターは装着不可。重量は950g。組み込み式のレンズフードを備える。

レンズ構成図


(本誌:関根慎一)

2010/7/5 13:51