ゆきぴゅーの「今日もお出かけ日和」

善光寺御開帳とあんずの花を愛でる旅

(拡大します)

“牛に引かれて善光寺参り”で知られる信州、善光寺。今年は数え年で7年に一度の御開帳の年で、今まさに開催中なんですのよ。善光寺はどの宗派にも属さず、念仏を唱えれば男女別け隔てなく極楽浄土に導いてくださると言い伝えられていることから、女性の参拝客が多いことが特徴なんですの。今回は長野市出身のゆきぴゅーが一足お先に善光寺御開帳を参拝してきたもようをお伝えしま〜す。

今年3月に新幹線が長野から金沢まで延伸したのに合わせてJR長野駅がガラリと生まれ変わりました。ワクワクしながら北陸新幹線を降り立って新駅舎を振り返ると……シンプルでモダンな建物に門前町らしい“和”の雰囲気がうまく溶け込んでいて、すっごくカッコいい!

仲見世通りのお蕎麦やおやきやおまんじゅうの誘惑に打ち勝って、ようやく山門までやってきました。

こちらが国宝善光寺。本堂の前に立てられているのが御開帳のシンボル、回向柱(えこうばしら)です。

“御開帳”と聞くと、ふだんは見ることができないご本尊様が拝めると思われがちですがそうではありませんの。善光寺のご本尊様は絶対秘仏なので現在はそのお姿を拝むことはできません。そこで鎌倉時代にご本尊の代わりに作られたのが前立本尊(ご本尊様の前に立たれているからそう呼ばれます)。

その前立本尊もふだんは見ることができないのですが、御開帳の時だけ特別にお姿を拝むことができるのです。前立本尊の右の御手と回向柱とは“善の綱”と呼ばれる長い綱で結ばれ、柱に触れると前立本尊に触れたのと同じご利益があるということで、参拝者はこぞってその柱を触りお参りするというわけです。

信州の人は善光寺のことを親しみをこめて“善光寺さん”と呼びます。

7年に一度の参拝を終えたところでゆきぴゅーお腹がすいてきました。長野駅へ戻る道中どこかでランチをとることにいたしましょう。

今日の顔ハメその1。オコジョのおこみんになろうバージョン。

今日の顔ハメその2。え、私が牛ですか?バージョン。

市内在住の妹がオススメしてくれたカフェの看板を偶然発見ですの。中央通りから細い路地を曲がるとテラス席があるおしゃれなお店が見えてきました。その名も『新小路カフェ』。今、善光寺界隈では古い建物をリノベーションしたお店が増えているそうですが、ココ、新小路カフェもしかり。かつて文房具卸会社だった建物を改装して2014年4月にオープンしたお店なんだそうです。

店内で目を引いたのは高〜い天井、そして右側の壁に括りつけられた大きな本棚。席にはレトロなライトが置かれていて、どうやらそこは“お一人様席”のようです。ここなら落ち着いて読書ができそう!

通常は肉か魚を選ぶランチ(756円)ですが、御開帳期間中は特別メニュー(1,080円)となるそうで、それを注文。見た目良くちょこちょこっと何品も盛られていて栄養面も抜群でしたわよ。特に“にらせんべい”がお母さんの味っぽくておいしかったです。

さてお腹がいっぱいになったところでここから旅の後半ですの。善光寺さんの後は、日本一のあんずの里と称される千曲市で開催中のあんずまつりに行ってきました。桜よりちょっと先に咲くあんずの花がちょうど見頃だったのです。というわけでJR長野駅から電車に揺られること約20分、しなの鉄道の屋代駅で下車、そこからあんずまつりの会場へはシャトルバスで10分。着いたそこは『一目、十万本!』とうたわれるほどのあんずの里です。

今日の顔ハメその3。なぜかソフトクリームになるバージョン。

あんずの花は梅と似ていて、よく見ると花びらがまんまる。とっても可愛らしいのです。

あたり一面薄紅色のあんずの花で埋まる里山はまるで桃源郷のようでした。もちろん一眼レフカメラを持った人たちの姿もたくさん。皆さん待ちに待った春を楽しんでいるようでした。そうそう例年6月末〜7月中旬にはあんず狩りが楽しめるそうです。

あんずの里を後にして、夕方再び長野駅に戻ったゆきぴゅー。そこで善光寺御開帳の耳寄りな情報をゲットですの。なんでも今回の御開帳は初の試みで本堂と回向柱をライトアップしているらしいのです。居ても立ってもいられずヘトヘトだったけれど再び夜の善光寺へGo!

そこで目にしたのは極楽浄土をイメージしたという黄金色のライトに照らされた幻想的な本堂。疲れも忘れてしばらく見入ってしまったほどです。混雑する昼間とは違って比較的ゆっくり参拝できるので夜の御開帳参拝もオススメですわよ〜!

今回ゆきぴゅーが持っていったカメラ&レンズ

ソニーα5100 パワーズームレンズキット

今回の旅では、ピントを合わせたい場所をタッチするだけで簡単にピント合わせができるタッチフォーカス機能が大活躍。あんずの花びらの位置に合わせてアングルを変えたときに実感しました。180度チルト可動式液晶モニターも自分撮りや超ローアングルからの撮影に重宝です。

※加えてマクロレンズのE 30mm F3.5 Macro、広角ズームレンズのE 10-18mm F4 OSSを持って行きました。

インフォメーション

善光寺
新小路カフェ
第60回あんずまつり

☆善光寺御開帳☆ 4/5(日)〜5/31(日)

期間中はさまざまな行事が行われますが、4/25(天台宗)や5/9(浄土宗)の中日庭儀大法要などが見どころ。5/31には御開帳の終わりを告げる結願大法要なども。今回初の夜間ライトアップは日没から21時までです。

☆新小路カフェ☆

長野県長野市東町142-2 SHINKOJI北棟1F
TEL:026-217-0170
営業時間:10:00〜17:00(ランチは11:30〜14:00)
定休日:毎週月曜日と第2.第4火曜日
駐車場あり
仲良し主婦3人が切り盛りするリノベーションカフェ。善光寺参拝の前後どちらでも、ぜひ立ち寄って一休みしてみてください。

☆第60回あんずまつり(千曲市)☆
お花見は4/19(日)で終了しましたが、6/25(木)頃〜7/15(水)頃(気候により期間の変動あり)は、あんず狩りのシーズンになります。
千曲市観光協会
TEL:026-275-1326

(2015/4/21)
ゆきぴゅー

長野生まれの長野育ち。2001年に上京し、デジカメライター兼カメラマンのお弟子さんとして怒涛の日々 を送るかたわら、絵日記でポンチ絵を描き始める。独立後はイラストレーターとライターを足して2で割った“イラストライター”と して、雑誌やWeb連載のほか企業広告などのイメージキャラクター制作なども手がける。