オリジナルTHAMBARはライカスクリューマウントだったが、新THAMBARはMマウントを採用する。6ビットコード付きでカメラ側へレンズ情報が伝わる仕組み。付属の金属製リアキャップは当然Mマウント用だが、スクリューマウント時代のキャップを模した形状になっているのは芸が細かい。

オリジナルTHAMBARはライカスクリューマウントだったが、新THAMBARはMマウントを採用する。6ビットコード付きでカメラ側へレンズ情報が伝わる仕組み。付属の金属製リアキャップは当然Mマウント用だが、スクリューマウント時代のキャップを模した形状になっているのは芸が細かい。