【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】
 
1月号【伊藤えみ +ニコンD300S】1週
〜DXフォーマットの最上位モデル!


 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします! 新年1月号は、ニコン「D300S」と伊藤えみちゃんの登場だ。天気は先月号とは逆のパターンで、当日の天気予報までは晴れだったのだが、実際撮影をはじめると、9時過ぎまではなんとか陽が出ていたものの(しかも夕方のような光だった)、あっという間に曇天になってしまった。1月号ということで、明るい写真にしたかったのだが、ちょっと残念だ。

 D300Sの主な仕様は、有効画素数約12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサー搭載、最大記録画素数4,288×2,848ピクセル、ISO200〜3200(拡張感度で最大ISO6400相当)、バッテリーはリチウムイオン充電池「EN-EL3e」、メディアはCFとSDHC/SDメモリーカードのデュアル、3型約92万ドット(VGA)の低温ポリシリコンTFT液晶……などを備え、同社のDXフォーマット機種では最上位モデルとなる。ちょうど2009年12月号のキヤノン「EOS 7D」と同クラスのデジタル一眼レフカメラだ。

 今回レンズは、「Ai AF Nikkor 24mm F2.8」、「Ai AF Nikkor 35mm F2」、「Ai AF Nikkor 50mm F1.4」と、自前の単焦点レンズを持って行った。衣装6パターン中、結局24mmは一回も使わなかったので実質35mmと50mmだけで撮っている。これは筆者が普段ニコン「D2X」でグラビアの撮影で撮っている使い方とまったく同じだ。

 写真は全てRAW+JPEGで撮影、同梱の「ViewNX」で現像し、サムネイルはPhotoshopで縮小、拡大画像はNikon ViewNXで出力解像度を掲載サイズの2,544×1,690ピクセルへ縮小しつつJPEGに変換している。現像パラメータに関しては、ピクチャースタイルはスタンダードに固定。触ったのは露出補正とホワイトバランス、そしてD-ライティング(OFFか弱)程度となっている。

 さすがにDXフォーマットの最上位モデルだけあって、ファインダーの見え方、シャッター音も含めた感触、ホールドのし易さなど、全体的に使用感はなかなか良い。ただ負け惜しみではないが、筆者が日頃使っている型遅れとなってしまったD2Xも同じDXフォーマット機であるが、ボディのポテンシャル(瞬発力?)的にはまだ追いついているとは思えない。画質はともかくとして、ボディに関しては価格帯相応の中級機といった雰囲気だ。

 カメラの設定は全てノーマルの状態。上ブロック、レンズは右上と中央が35mm、ほかは50mm。ISO200で、絞りF3.5〜5.6、シャッタースピード1/200〜1/400秒。下ブロック、レンズは同じく右上と中央のみ35mm、ほかは50mm。またISO感度は室内ISO400、窓際はISO200、絞りF2.8〜3.2、シャッタースピード1/125〜1/200秒となっている。特に上ブロックに関しては、朝一でまだ明るい時間帯。ISO200スタートのカメラと言うこともあり、普段よりシャッタースピードは速目になっている。逆に下ブロックの窓際でさえ、ISO200でF3.2の1/200秒と、既に結構暗くなっているのが分かる。

 伊藤えみちゃんは、先月号の「いとうあこ」ちゃんと「いとう」つながりになっているものの、たまたまであり、特に意味も関連性も無い。彼女は2005年に、別の撮影で撮った以来の久々のご対面だ。ただこの時は1日で8人撮り(×2水着)と言うかなりハードな仕事だったので、全く世間話などはできなかった。今回は、いろいろ話せる時間もあるので、撮影が決まってからは楽しみにしていた。(つづく)

actress 伊藤えみブレイクアレッグ
photographer 西川和久
D300S
Ai AF Nikkor 35mm F2
Ai AF Nikkor 50mm F1.4



西川和久
(にしかわ かずひさ) 1962年11月生まれ。もともとPC系のライター&プログラマーであったが、周辺機器としてデジカメを使い出してから8年。気が付くとグラビアカメラマンになっていたと言う特殊な経歴の持ち主。初めて使った一眼レフはCanon EOS DCS 1c。現在、dwango.jp(待受)のグラビアマガジン、着エロ系DVDのジャケ写などで活躍中! http://www.iwh12.jp/blog/

2010/1/8/ 00:15

デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.