写真で見る

ソニーα7R

35mmフルサイズセンサーを詰め込んだミラーレス機

 ソニーが11月15日に発売する「α7R」をお借りできたため、外観写真を中心にお届けする。実写を交えたレビューは近日に掲載予定だ。

 α7Rは、35mmフルサイズ相当のCMOSセンサーを搭載するソニーEマウントのミラーレスカメラ。有効約3,640万画素の光学ローパスフィルターレスCMOSセンサーを採用する。ボディ単体の店頭予想価格は21万9,800円前後。

 ラインナップには弟分と言える「α7」(同時発売)もあり、そちらは光学ローパスフィルターを持つ有効約2,430万画素のCMOSセンサーを採用。α7Rにはない位相差検出画素をセンサー上に持ち、コントラストAFとのハイブリッド「ファストハイブリッドAF」を利用できる。外形寸法はα7Rと同じ。α7のボディ単体の店頭予想価格は14万9,800円前後。

 α7シリーズには何よりもまず「フルサイズ機」という先入観があるが、そのボディの薄さにミラーボックスを持たない構造の強みを改めて実感する。APS-Cセンサー搭載の一眼レフより気楽に持ち歩けそうだ。前後ダイヤルを備える操作部レイアウトも、中級クラス以上の一眼レフカメラなどを使い慣れたユーザーにとって心強いだろう。

 EVFの光学系はAマウント最上位機の「α99」と同様というが、採用する有機ELパネルの進化によりα7シリーズのほうが視認性が向上しているという。像の大きさ、精彩感ともに不満はなく、EVF搭載機の中で高い水準にあるファインダーと言える。

 今回の外観写真では、α7Rに同時発売の交換レンズ「Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA」を組み合わせている。11月15日にα7Rおよびα7と同時発売されるのは、同レンズとα7レンズキットに含まれる標準ズーム「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」のみ。今後はカールツァイスブランドの標準ズーム「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」など魅力的なラインナップも発表されており、年末〜年明けにかけてそれらのリリースも楽しみだ。

画面写真

・撮影画面

撮影画面
EVF撮影向けの情報表示
Fnボタンを押したところ。表示項目はカスタマイズ可能
ホワイトバランスはプリセットをさらに微調整可能
2つのMR(メモリーリコール)モードを搭載。モードダイヤルから直接選択できる

・メニュー

ピクチャーエフェクトの例
シーンセレクションの例
スイングパノラマを搭載
動画記録画面
メニュー画面はNEXシリーズのようなタイル表示も選べる

・再生画面

(本誌:鈴木誠)