【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

写真で見るリコーGR DIGITAL IV

Reported by 本誌:鈴木誠

 リコーが10月中旬に発売する「GR DIGITAL IV」をお借りできたので、外観写真とメニュー画面を中心に掲載する。実写画像を交えたレビューは後日掲載する予定だ。

 GR DIGITAL IVは、35mm判換算28mm相当の単焦点レンズを搭載する「GR DIGITAL」シリーズの最新モデル。2005年発売の「GR DIGITAL」以来、2年ごとのモデルチェンジを経て「最強のストリートスナップカメラ」を謳う4代目となった。シリーズ初の手ブレ補正機構の搭載をはじめ、ローパスフィルターの薄型化、外部AFセンサーの復活、新液晶モニターの搭載といった進化を特徴とする。店頭予想価格は8万円前後の見込み。

 GR DIGITAL IIIと比較して外観や操作体系に大きな変更はなく、既存ユーザーが安心して使える“正当進化”と呼ぶにふさわしいモデルチェンジとの印象を受けた。バッテリーもGR DIGITAL IIIと同様に「DB-65」、「DB-60」、単4電池×2を利用できる。撮影可能枚数はDB-65使用時で370枚から390枚に20枚増えている。

 いっぽう、ボディの角の部分がシャープな仕上げになっていたり、グリップもホールド性を意識してわずかに形状を変更している。どちらも遠目にはわからない程度の違いだが、前機種のユーザーであれば手にした瞬間に新鮮な感覚を覚えるだろう。そのほかにも細かなリファインが各所に施されている。ちなみに本稿の撮影に用いた個体では、起動・終了のレスポンスと、それに伴う動作音の音量もGR DIGITAL IIIと同様だった。

 なお、世界1万台限定の「GR DIGITAL IVホワイトエディション」(10月中旬発売、店頭予想価格8万5,000円前後の見込み)についても、実機がお借りでき次第フォトレポートをお届けする予定だ。

外観

・GR DIGITAL IV

内蔵ストロボをポップアップしたところ 記録メディアとバッテリー室
付属のバッテリーとチャージャー 化粧箱。従来と異なり、箱に直接カラー印刷されている

・GR DIGITAL III(右)と比較

角の仕上げと、グリップ部の形状もわずかに異なることがわかる
レンズ先端には手ブレ補正の搭載を示す「VC」の文字がある
背面操作部の比較(下:GR DIGITAL III) (参考)液晶モニターを最大輝度にした状態。右がGR DIGITAL III

画面

・撮影画面

Pモード時 ヒストグラムを表示。水準器は2軸になった。写真の水準器は多少前方に傾けた状態を示している
グリッド表示は3種類を継承 ADJ.レバーを押してADJメニューを表示したところ。最大5項目を置けるようになった
オートブラケットに画像設定ブラケットなどを追加

・撮影設定メニュー

撮影設定(1/3) 撮影設定(2/2)
撮影設定(3/3)
スナップ時フォーカス距離の選択項目 オートブラケットの選択項目
画像設定ブラケットの選択画面 コントラストブラケットの設定画面
多重露光撮影の設定画面 (参考)多重露光撮影を行なっているところ
ISO感度は最大ISO3200まで選択可能になった

・キーカスタム設定メニュー

キーカスタム設定(1/3) キーカスタム設定(2/3)
キーカスタム設定(3/3)
ADJ.メニューに配置できる項目(1/2) ADJ.メニューに配置できる項目(2/2)
Fnボタンペア設定の画面。Fnボタン1/2に割り当てた設定を素早く切り替えられる新機能

・セットアップメニュー

セットアップ(1/4) セットアップ(2/4)
セットアップ(3/4) セットアップ(4/4)
ISO AUTO-HI設定。感度オートの上がり方を選べる 感度を上げるタイミングを指定できる。選択範囲は感度がAUTO200から1段刻みでAUTO3200まで。シャッタースピードが同様に1/2秒から1/250秒まで
水準器にアオリ方向が加わった RAW同時記録設定に「RAWのみ」が加わった

・シーンモード

動画の設定メニュー。記録サイズは最大640×480ピクセルでGR DIGITAL IIIと同じ 動画記録画面
インターバル合成。カメラ内で比較明合成を行なえるモード

・再生設定メニュー

再生設定(1/1) 新機能のカレンダー再生



鈴木 誠

2011/10/4/ 00:00