【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

写真で見るキヤノン「EOS Kiss X4」

Reported by 本誌:鈴木誠

 キヤノンが26日に発売する予定のデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X4」を借用できたので、外観やメニュー画面を中心とした記事をお届けする。実写を交えたレビューについては後日掲載の予定。

 EOS Kiss X4は、同社エントリーモデルの最新機種。クラス初となる有効1,800万画素のCMOSセンサーを搭載し、さらに動画撮影がマニュアル露出に対応するなど、ミドルクラス「EOS 7D」の要素を取り入れている。画像処理エンジンはDIGIC4。

 店頭予想価格はボディのみが9万円前後、「EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS」を同梱するレンズキットが10万円前後、レンズキットに「EF-S 55-250mm F4-5.6 IS」を加えたダブルズームキットが13万円前後、ボディと「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」をセットにしたレンズキットが13万円前後の見込み。

 外観は全体的にやや丸みを帯びたボディになり、動画撮影/ライブビューボタンとクイック設定ボタンを背面に新設した。また、液晶モニターはアスペクト比3:2の3型104万ドットになった。

 シャッター音、ファインダーの見え具合、グリップの握り心地などは、EOS Kiss X3から大きな変化はないようだ。

シャッター音(単写)
シャッター音(連写)

外観

 
左手の触れる位置にラバーが付いた EOSのロゴプレートと機種名ロゴがひとつになった
シャッターボタン周りの配置はEOS Kiss X3と同様。モードダイヤルの印字は白抜きに 内蔵ストロボをポップアップしたところ
動画撮影/ライブビューボタンとクイック設定ボタンを新設したほか、一部ボタンの形状を変更 MENUおよびDISP.ボタンの形状も変更
SDXCメモリーカードに対応する 端子カバー内。外部マイク端子を備えた
新しいバッテリー「LP-E8」と付属の充電器「LC-E8」 ライブビュー撮影を行なっているところ

バッテリーグリップ「BG-E8」装着例

 
縦位置シャッターボタンとダイヤル 縦位置時の背面操作部
底面 BG-E8本体と付属のバッテリーホルダー。単3乾電池も使用可能

画面表示など

ライブビュー撮影画面 情報とヒストグラム表示
ライブビュー撮影時は2種類のグリッドを表示できる。写真はグリッド1 グリッド2を表示しているところ
ライブビュー撮影中にクイック設定ボタンを押すと、設定項目をオーバーレイ表示する ファインダー撮影時にクイック設定ボタンを押したところ。方向キーで項目を選択、操作できる
露出補正幅は±5EVになった。AEブラケットの幅は±2EVまで メニュー内のISOオート上限設定

・Eye-Fi連動

メニュー内にEye-Fi設定を追加 ファインダー撮影時のEye-Fi状況表示(通信オフ時)
ライブビュー撮影時のEye-Fi状況表示(通信オフ時)

・動画撮影機能

メニューでマニュアル露出を選択可能になった 動画撮影中。ヒストグラムは表示できない
センサー中央部のみを利用し、約7倍の望遠効果を得られる動画クロップ ライブビューおよび動画撮影時は任意の位置を5倍もしくは10倍に拡大できる
動画再生画面 動画編集画面

・著作権情報入力

メニューに著作権情報の項目を追加した 作成者名の入力画面

・再生画面

3:2で撮影した画像をフルに表示できるようになった ヒストグラム表示
RGBヒストグラム表示

鈴木 誠

2010/2/17/ 00:00