交換レンズ実写ギャラリー

ニコン1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6

Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約6.2MB / 4,608×3,072 / 1/800秒 / F5.6 / 0EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm

 「1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6」は、1 NIKKORレンズで最広角に位置するズームレンズだ。Nikon 1シリーズは焦点距離が2.7倍となるため、35mm判換算で18-35mmに相当する。Nikon 1ユーザーが心待ちにしていた超広角ズームレンズだ。

Nikon 1 V2に装着したところ。発売は3月7日。実勢価格は6万2,800円前後

 他の1 NIKKORズーム同様、本レンズも沈胴構造になっている。ロックボタンを搭載し、これを押しながらピントリングをまわすと、レンズがせり出して撮影可能な状態になる。ちなみに、レンズのロック解除でパワーオン、逆にレンズをロックするとパワーオフになる仕組みだ。ボディの電源スイッチに触れることなく、レンズ操作だけで電源のON/OFFが行なえる。

 超広角レンズとしてはコンパクトな鏡胴で、小型軽量というミラーレス機の利点を損なわないズームレンズである。手ブレ補正機能を搭載しているので、暗所でも感度を必要以上に上げずに手持ち撮影が可能だ。

 画質面を見ていこう。まず、コントラストは広角らしい力強さがある。一方、発色はJPEG撮って出しでもやや控えめだ。そのおかげで階調性を感じ取ることができ、大人びた絵に仕上げっている。シャープネスはズームレンズとしては妥当な描き方だが、日頃から単焦点レンズを使っているとやや甘く感じるだろう。

 ワイド側では歪曲がいくぶん目立った。Nikon 1は自動ゆがみ補正を搭載しているので、これを有効にして撮影するとよい。同機能が有効になった状態では、直線が四隅まで勢いよく描かれていた。近接は最短25cmまで寄ることができる。ボケ味は思いのほか落ち着きがあり、広角マクロ的な使い方もこなしてくれるだろう。

 AFの合焦スピードは小気味よく、撮影のテンポを妨げることはない。小ぶりのレンズで強烈なパースペクティブを楽しめるのは、ミラーレス機の超広角ズームならではの醍醐味といえるだろう。

  • 作例のサムネイルをクリックすると、リサイズなし・補正なしの撮影画像をダウンロード後、800×600ピクセル前後の縮小画像を表示します。その後、クリックした箇所をピクセル等倍で表示します。
  • 縦位置で撮影した写真のみ、無劣化での回転処理を施しています。
  • すべて「自動ゆがみ補正」は[する]で撮影しています。
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約5.1MB / 3072x4608 / 1/320秒 / F8 / -0.3EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約7MB / 3072x4608 / 1/60秒 / F5.6 / -0.7EV / ISO280 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約8.4MB / 3072x4608 / 1/2000秒 / F4 / -0.7EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約8.7MB / 3072x4608 / 1/125秒 / F8 / 0EV / ISO180 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約4.6MB / 4,608×3,072 / 1/400秒 / F5.6 / +1.3EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 13mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約8.1MB / 3072x4608 / 1/500秒 / F8 / 0EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 13mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約6MB / 4,608×3,072 / 1/320秒 / F5.6 / -1.3EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 13mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約7.4MB / 4,608×3,072 / 1/125秒 / F8 / -0.7EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 13mm
Nikon 1 V2 / 1 NIKKOR VR 6.7-13mm F3.5-5.6 / 約5.1MB / 4,608×3,072 / 1/800秒 / F5.6 / 0EV / ISO160 / 絞り優先AE / WB:オート / 6.7mm

澤村徹

(さわむらてつ)1968年生まれ。法政大学経済学部卒業。ライター、写真家。デジカメドレスアップ、オールドレンズ撮影など、ひと癖あるカメラホビーを提唱する。2008年より写真家活動を開始し、デジタル赤外線撮影による作品を発表。近著は「オールドレンズ・ライフ Vol.2」(玄光社)、「オールドレンズレジェンド」(翔泳社)他。http://metalmickey.jp